So-net無料ブログ作成
検索選択

久しぶりにカラオケで歌いました [遊んでいる]

最近になって、夜の宴席で何回かカラオケで歌う機会がありました。昔というか15~20年位前には、社内外の関係者との宴席や家族でカラオケボックスで歌うことも多かったのですが、最近はそうした機会もめっきり減っています。そんなこともあってか、ここにきて急にカラオケで歌おうとしても、果たして自分がこれまでどんな曲を歌っていたのか、すっかり忘れてしまっていて、焦ってしまいました。

そこで、自分の備忘録も兼ねて、50代半ばの焦燥する中年男の、ささやかなカラオケ・レパートリーを披露したいと思います。ここからは本当にオッサンの悲しいというか、何とも情けないというか、面白くも何ともない話ですので、興味のない方は華麗にスル―して頂ければと思います(汗)。本当に恥ずかしいのですが、そーとー古い、なんとも昭和感あふれる曲ばかりです。

では、いきます。

「恋の予感」
「ワインレッドの心」
「じれったい」
「夏の終わりのハーモニー」
「悲しみにさよなら」(以上、安全地帯)
「心の旅」
「青春の影」
「サボテンの花」(以上、チューリップ)
「さよなら夏の日」
「GET BACK IN LOVE」←歌いたがるわりに下手
「クリスマスイブ」(以上、山下達郎)
「東京砂漠」
「そして神戸」(以上、内山田洋とクール・ファイブ)
「夢の途中」
「Goodbye Day」(以上、来生たかお)
「Another Orion」
「True Love」(以上、藤井フミヤ)
「瞳をとじて」←たまに歌いますが、かなり下手(平井堅)
「大阪で生まれた女」(BORO)
「いちご白書をもういちど」(バンバン)
「少年時代」井上陽水
「襟裳岬」(森進一)
「勝手にしやがれ」(沢田研二)
「I Love You」(尾崎豊)
「ルビーの指環」(寺尾聡)
「あずさ2号」(狩人)
「秋の気配」(オフコース)
「想い出がいっぱい」(H2O)
「壊れかけのradio」(徳永英明)
「抱きしめたい」(Mr.childrem)

「異邦人」(久保田早紀)
「オリビアを聴きながら」(杏里)
「みずいろの雨」(八神純子)

「We're all alone」
「Heart of mine」(以上、Boz Scaggs)
「Tonight I celebrate my love(愛のセレブレーション)」
(Peabo Bryson & Roberta Flack)
「Endless love」(Diana Ross & Lionel Richie)
「If we hold on together」(Diana Ross)
「Can't take my eyes off you(君の瞳に恋してる)」←キーが合わなくて下手(Boys Town Gang)
「Always」←こちらもキーがうまく合わず下手(Atlantic Star)
「Joanna」(Kool The Gang)
「You Make Me Feel Brand New(誓い)」(The Stylistics)
「Just The Way You Are(素顔のままで)」(Billy Joel)
「Nothing's Gonna Change My Love For You(変わらぬ想い)」
(Glenn Medeiros)
「Shower me with your love」←キーがどうしても合わず、かなり下手(Surface)
「Your song」(Elton John)
「That's What Friends Are For」(Dionne Warwick & Friends)

こんなところ(全部で50曲弱)です。主に1970、80年代の、私が10代、20代のころに聴いたものばかりでして、こうした時代の曲に限定されているというのも、新しいものについていけない私のオジサン臭さが露呈されているようで、さすがに落ち込みます。スローな曲が多いのは、歌が下手な(早い曲が歌えない、ついていけない)せいです。また、洋楽曲が多いのは、昔、フィリピンパブによく通っていたからです(汗)。

以上、なんとも恥ずかしい、私のカラオケレパートリーでした。


こちらは安全地帯「恋の予感」の動画。カラオケでも同じ映像が流れる時があります。懐かしいです。


共通テーマ:日記・雑感