So-net無料ブログ作成
検索選択

会社の先輩の勧めでカナダ・ドイツ合作の映画「手紙は覚えている」を観ました [映画を観ている]

先日、会社の先輩と上野で飲んだ時に勧められた、2015年に公開された映画「手紙は覚えている」」(原題:「Remenber」 2015年/加・独)をさっそくDVDで借りて観てみました。内容は、

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程、もの忘れがひどくなった。ある日、彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。
「覚えているか?ルース亡きあと誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」
2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、70年前に大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。 そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー"。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙と、かすかな記憶だけを頼りに旅立つ。
だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―
(以上、Amazon 商品の説明「内容紹介」からの引用です)

というものです。詳しく書くことはできませんが、何と言ってもラストのどんでん返しが余りにも衝撃的で、思わず呆然としてしまいました。映画としては95分程、どちらかといえば短いものですが、サスペンスドラマとしては一級の作品かと思います。

また、今の時代においても、こうしたアウシュビッツを題材とした映画がつくられるということ、そしてそれがドイツとの合作である点には、何か凄みのようなものを感じます。私を含め、多くの日本人は、果たして自らの歴史に対して、本当に真正面から向かいあっていないのではないか、70年前の出来事として簡単に片づけてしまっているのではないかという、強い危機意識を、この映画を観終わった後、持つに至りました。

前にも紹介しましたが、フランスの高校生が選ぶゴンクール賞(ゴンクール・デ・リセアン)受賞作(このフランスの高校生が選ぶゴンクール賞についての記事はこちら→http://syoso-chunen.blog.so-net.ne.jp/2009-08-07-2の幾つかは、やはりホロコーストを題材としたものです。繰り返しになりますが、フランスでは若い人たちまでもがが、そうした作品を選ぶという意識の高さ、知性こそが、私も含め、今の日本には大きく欠けているのではと思いました。

81ag-VQGNZL._SL1174_.jpg
「手紙は憶えている」(Blu-ray盤)のパッケージ写真


共通テーマ:日記・雑感