So-net無料ブログ作成

森本梢子の「高台家の人々」(6巻)を読みました [漫画を読んでいる]

少し前の話になりますが、森本梢子の「高台家の人々」(6巻)を読みました。この漫画は去年、家族から薦められて読んだところ、その面白さにすっかりハマってしまったものです(その時の記事はこちら→http://syoso-chunen.blog.so-net.ne.jp/2016-09-04。今年の初夏に完結編となる6巻が出たことを今頃(8月)になって知り、慌てて家内に訊いてみたところ、「とっくに買ってあるわよ。あなたにも言ったと思うけど…」とのことで(汗)、さっそく借りて読んでみました。

内容はどちらかというと、本編の後日談ともいうべきものでした。ストーリーがしっかりしているので、安心して読めますね。木絵の妄想に少しキレがなかったのは残念でしたが、それでも十分面白かったです。森本梢子さんには是非、続編を書いてもらいたいです。茂子と和正の恋のゆくえや木絵と光正の子供の話を読んでみたいものです。

この「高台家の人々」ですが、老若男女問わず、どんな方にでも薦められる良質なコメディー漫画だと思います。読んでいて、その背後にある作者の暖かい眼差しをひしひしと感じることができます。本当にお勧めですよ。

51UHURxfrvL.jpg
写真は「高台家の人々 6 」(マーガレットコミックス)


共通テーマ:日記・雑感