So-net無料ブログ作成
検索選択

横浜駅近くのジャズバーに行ってみました [音楽を聴いている]

先週の火曜日、仕事と社外研修を終えて東京駅から東海道線で横浜駅まで行き、そこから東急東横線に乗りかえて自宅に帰ろうとしたのですが、少し疲れていたせいか、なんとなく飲みたくなってしまい、(これまで行こうと思いながら行っていなかった)横浜駅近くのジャズバーに行ってみることにしました。

横浜駅近くといっても、岡野の交差点に近いところにあるので、駅からは10分程度とそれなりに歩きます。小さな雑居ビルの2階にある、このお店は隠れ家感満載ですね。中はカウンターのみで壁側にはギターが何本か置かれています。お客さんは、この日は常連のミュージシャンや音楽関係者ばかりだったようで、フュージョン系の音楽がかかっていました。

暫く飲んでいると、常連のお客さんたちも帰ってしまい、お店に残ったのは酔いつぶれた一人のお客さんと私だけとなってしまいました。音楽もジャズボーカル(ダイアナ・クラール、シャーデー、ソフィー・ミルマン)にかわり、いかにもジャズバーといった雰囲気になりました。そのまま、また暫く飲んでいると、音楽がヴァイオリンの無伴奏演奏へと変り、(多分、シマノフスキの)小品に続いてバッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第一番がかかりました。思わずマスターに演奏者を尋ねてみると、後藤みどりさんとのこと。ジャズバーでクラシック音楽を聴くのは、蒲田のジャズバー「直立猿人」で、マスターと二人で邦人現代作曲家のオーケストラ曲(作曲者名、作品名共に忘れてしまいました。もしかしたら柴田南雄の「追分節考」だったような気もするのですが・・・)を聴いた時以来です。次にパガニーニの24のカプリース(こちらも多分、演奏は後藤みどりさん)がかかりました。この曲集を聴くのは一体何年ぶりなのでしょう。10年ほど前に次女がヴァイオリンを本格的に習っていたころ、この曲集から何曲かを練習したことがあり、その時に、CDを良く聴いた記憶がありますが、最近はまったく聴いていませんでした。

マスターに訊いてみると、特にジャズだけに拘っている訳ではなく、その時の気分で自分の好きな曲をかけているとのこと。いやあ、なかなか面白いバーです。私は、いつもは横浜駅経由では帰らないのですが、機会を見つけてまた訪れてみようと思います。このジャズバーでハイボールを飲みながら、バッハとパガニーニをしっかりと聴いたのは、私にとって久々の刺激的な音楽体験となりました。

barlejazz.jpg
写真は「BAR Le Jazz」の店内の様子。この写真はHP「横浜バーマップ」(http://www.yokohama-barmap.net/)に掲載されているものです。


共通テーマ:日記・雑感