So-net無料ブログ作成

自宅近所のスーパーで売られている、スーパーオリジナルの安価な赤ワインを飲んでみました [お酒を飲んでいる]

お盆の週末の日曜日(20日)ですが、家内と次女が不在で、夕食は私と長女の二人でとることとなりました。そこで、自宅近所のスーパー(OKストア)でいつも売られている、オリジナルブランドのワイン「デリ・ブティックワイン」(赤)をものは試し、二人で飲んでみることにしました。

このデリ・ブティックワイン、「オーケー会長のおすすめ品」「『都内一流ホテルのハウスワインと同じものを創ってください』とお願いして、メルシャンさんに創っていただいたオーケー自慢のワイン」とのことで「赤が特にお勧め」となっています。
(以上、「」で囲んだ文章はオーケー店内のPOPコピーからの引用です)

驚くべきは値段でして、私が購入した時は、フルボトルながら、なんと379円(税抜き価格)でした。実は、これまでもこのスーパーに行くたびに、このワインの事は気になっていたのですが、余りにも安いので、逆に手を出せないでいました。飲んでみると、アルコール度数が11度と軽めで、味の深みコクといったものは無いものの、手軽なテーブルワインとして十分楽しむことができました。

これは私見となりますが、チーズ(特にパルメザンチーズ)をおつまみに赤ワインを飲む場合は、どんなワインでも美味しく飲めてしまうので、ワインは安いワインで十分というか、逆に高いワインですと、もったいないと思ってしまいます。また、一本何万円もするフランスの高級ワインは確かに美味しいのですが、ボトルの管理や飲む前の準備が余りにも面倒で、ああいうワインこそ、自宅で飲むより、ミシュランの星のつくようなレストランで、ソムリエのサービスの下、最高のコンディションのものを楽しんだほうが良いのではと思います。とはいえ、残念ながら、私の駄舌には、高級ワインの繊細な味わいを完璧に把握する能力は具わっていないようなのですが...(涙)
ただ、悔し紛れに言うと、日本酒はともかく、ワインについては味に比べて価格差が余りにもあり過ぎるような気がしてなりません。

最近は、アメリカ、カリフォルニア州ナパバレーのワインが夫婦共々のお気に入りで、よく飲んだりしているのですが、水代わりに飲める、とても手軽なワインとして、これから、この「デリ・ブティックワイン」(赤)も楽しんでみようと思っています。(ガラス瓶とコルク栓だけでも300円くらいはしそうですが…)この圧倒的なCP(コストパフォーマンス)の良さは、特筆すべきかと思います。

recommend-img05.jpg
写真はオーケーストアのHPに載っていた「デリ・ブティックワイン」(赤)。福岡県で医者をしている友人が教えてくれたのですが、普段、飲みものを口に入れて嚥下するまでの時間は2秒もかからないそうです。このわずか2秒間たらずの味わいを、(人間は)どうだこうだと言っているのかと思うと、少々複雑な気持ちになります。


共通テーマ:日記・雑感