So-net無料ブログ作成

会社の先輩の勧めでカナダ・ドイツ合作の映画「手紙は覚えている」を観ました [映画を観ている]

先日、会社の先輩と上野で飲んだ時に勧められた、2015年に公開された映画「手紙は覚えている」」(原題:「Remenber」 2015年/加・独)をさっそくDVDで借りて観てみました。内容は、

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程、もの忘れがひどくなった。ある日、彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。
「覚えているか?ルース亡きあと誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」
2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、70年前に大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。 そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー"。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙と、かすかな記憶だけを頼りに旅立つ。
だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―
(以上、Amazon 商品の説明「内容紹介」からの引用です)

というものです。詳しく書くことはできませんが、何と言ってもラストのどんでん返しが余りにも衝撃的で、思わず呆然としてしまいました。映画としては95分程、どちらかといえば短いものですが、サスペンスドラマとしては一級の作品かと思います。

また、今の時代においても、こうしたアウシュビッツを題材とした映画がつくられるということ、そしてそれがドイツとの合作である点には、何か凄みのようなものを感じます。私を含め、多くの日本人は、果たして自らの歴史に対して、本当に真正面から向かいあっていないのではないか、70年前の出来事として簡単に片づけてしまっているのではないかという、強い危機意識を、この映画を観終わった後、持つに至りました。

前にも紹介しましたが、フランスの高校生が選ぶゴンクール賞(ゴンクール・デ・リセアン)受賞作(このフランスの高校生が選ぶゴンクール賞についての記事はこちら→http://syoso-chunen.blog.so-net.ne.jp/2009-08-07-2の幾つかは、やはりホロコーストを題材としたものです。繰り返しになりますが、フランスでは若い人たちまでもがが、そうした作品を選ぶという意識の高さ、知性こそが、私も含め、今の日本には大きく欠けているのではと思いました。

81ag-VQGNZL._SL1174_.jpg
「手紙は憶えている」(Blu-ray盤)のパッケージ写真


共通テーマ:日記・雑感

久しぶりにカラオケで歌いました [遊んでいる]

最近になって、夜の宴席で何回かカラオケで歌う機会がありました。昔というか15~20年位前には、社内外の関係者との宴席や家族でカラオケボックスで歌うことも多かったのですが、最近はそうした機会もめっきり減っています。そんなこともあってか、ここにきて急にカラオケで歌おうとしても、果たして自分がこれまでどんな曲を歌っていたのか、すっかり忘れてしまっていて、焦ってしまいました。

そこで、自分の備忘録も兼ねて、50代半ばの焦燥する中年男の、ささやかなカラオケ・レパートリーを披露したいと思います。ここからは本当にオッサンの悲しいというか、何とも情けないというか、面白くも何ともない話ですので、興味のない方は華麗にスル―して頂ければと思います(汗)。本当に恥ずかしいのですが、そーとー古い、なんとも昭和感あふれる曲ばかりです。

では、いきます。

「恋の予感」
「ワインレッドの心」
「じれったい」
「夏の終わりのハーモニー」
「悲しみにさよなら」(以上、安全地帯)
「心の旅」
「青春の影」
「サボテンの花」(以上、チューリップ)
「さよなら夏の日」
「GET BACK IN LOVE」←歌いたがるわりに下手
「クリスマスイブ」(以上、山下達郎)
「東京砂漠」
「そして神戸」(以上、内山田洋とクール・ファイブ)
「夢の途中」
「Goodbye Day」(以上、来生たかお)
「Another Orion」
「True Love」(以上、藤井フミヤ)
「瞳をとじて」←たまに歌いますが、かなり下手(平井堅)
「大阪で生まれた女」(BORO)
「いちご白書をもういちど」(バンバン)
「少年時代」井上陽水
「襟裳岬」(森進一)
「勝手にしやがれ」(沢田研二)
「I Love You」(尾崎豊)
「ルビーの指環」(寺尾聡)
「あずさ2号」(狩人)
「秋の気配」(オフコース)
「想い出がいっぱい」(H2O)
「壊れかけのradio」(徳永英明)
「抱きしめたい」(Mr.childrem)

「異邦人」(久保田早紀)
「オリビアを聴きながら」(杏里)
「みずいろの雨」(八神純子)

「We're all alone」
「Heart of mine」(以上、Boz Scaggs)
「Tonight I celebrate my love(愛のセレブレーション)」
(Peabo Bryson & Roberta Flack)
「Endless love」(Diana Ross & Lionel Richie)
「If we hold on together」(Diana Ross)
「Can't take my eyes off you(君の瞳に恋してる)」←キーが合わなくて下手(Boys Town Gang)
「Always」←こちらもキーがうまく合わず下手(Atlantic Star)
「Joanna」(Kool The Gang)
「You Make Me Feel Brand New(誓い)」(The Stylistics)
「Just The Way You Are(素顔のままで)」(Billy Joel)
「Nothing's Gonna Change My Love For You(変わらぬ想い)」
(Glenn Medeiros)
「Shower me with your love」←キーがどうしても合わず、かなり下手(Surface)
「Your song」(Elton John)
「That's What Friends Are For」(Dionne Warwick & Friends)

こんなところ(全部で50曲弱)です。主に1970、80年代の、私が10代、20代のころに聴いたものばかりでして、こうした時代の曲に限定されているというのも、新しいものについていけない私のオジサン臭さが露呈されているようで、さすがに落ち込みます。スローな曲が多いのは、歌が下手な(早い曲が歌えない、ついていけない)せいです。また、洋楽曲が多いのは、昔、フィリピンパブによく通っていたからです(汗)。

以上、なんとも恥ずかしい、私のカラオケレパートリーでした。


こちらは安全地帯「恋の予感」の動画。カラオケでも同じ映像が流れる時があります。懐かしいです。


共通テーマ:日記・雑感

ここ最近はヴァイスのリュート作品をよく聴いています [音楽を聴いている]

先月にも佐藤豊彦(1943年~)による「ヴァイス作品集」(CD)を紹介しましたが(その時の記事はこちら→http://syoso-chunen.blog.so-net.ne.jp/2017-06-23-1、今回はカナダ人のリュート奏者、ミシェル・カルダン(Michel Cardin)による「ロンドン手稿譜によるヴァイス・リュート作品全集」を紹介したいと思います。

ヴァイス(Sylvius Leopold Weiss 1687~1750年)は私が大好きなドイツ後期バロック音楽の作曲家・リュート奏者です。彼の作曲した600曲ほどの作品の殆どはリュートのためのソナタや組曲、舞曲でして、その作品数の多さとその豊かな音楽性から、歴史上、最高のリュート作曲家と言ってよいかと思います。皆さんご存知かとは思いますが、リュートという楽器は18世紀の後半以降、急速に廃れてしまいます。それは市民社会が台頭し、多くの中産階級がコンサートホールといった広い場所で音楽を楽しむようになる中、リュートの音量が小さかったためではないかと思われます。とはいえリュートの繊細かつ典雅な音色はとても魅力的で、私はフランス、ドイツのリュート曲を特に好んで聴きます。特に、暑い日などにリュート曲を聴くと、気分が落ち着き、まるで心地良いそよ風が部屋の中に入ってきたかのような気持ちになります。

このMichel Cardinによるヴァイス・リュート作品全集はCD12枚組で、珍しいリュートとトラベルソのデュエット曲も収録されています。私はかつてはNAXOSから出ていたロバート・バート(Robert Barto 1950年~)による演奏、そして最近はホプキンソン・スミス(Hopkinson Smith 1946年~)やホセ・ミゲル・モレーノ(José Miguel Moreno 1955年~)、佐藤豊彦の演奏でヴァイスのリュート曲を楽しんできました。今回の演奏はロンドン手稿譜の全集ということで、もちろんこれでヴァイスの作品の全てが聴ける訳ではありませんが、それでもこれだけ纏まった形で聴くことができることはとても嬉しいことです。ミシェル・カルダンの演奏も品格のある落ち着いたもので、録音も良く、じっくりと、メランコリーに満ちた精神性の高い、内省的なヴァイスの音楽を堪能することができます。

Amazonですと、このCDボックスセット12枚組を4,280円(2017年7月12日現在)、一枚360円足らずの値段で入手することができます。私はこの全集を聴きながら、これからの暑い夏を涼しく過ごそうとと考えています。CPの高さを考えても、このCDセットは本当にお勧めですよ。

71b8l-Y-cOL._SL1000_.jpg
写真はミシェル・カルダンによる「S. L. WEISS THE COMPLETE LONDON MANUS Original recording remastered, Box set」。ミシェル・カルダンは先ほど私が出張で訪れたカナダ、モントリオールの出身です。


共通テーマ:日記・雑感

村上春樹著「騎士団長殺し(第1部・第2部)」を読み終えました [本を読んでいる]

今日のお昼休みに、遅ればせながら、村上春樹著「騎士団長殺し(第1部・第2部)」を読み終えました。この本は長女が買って、読みかけのままほったらかしになっていたので、ならばその隙にと(苦笑)先週の金曜日から読んでみたものです。村上春樹さんの小説は私にとって読みやすいもので、今回もつまることもなく、すんなりと読み終えることができました。

内容はいつもの村上春樹ワールドとでも言うべきものです。彼の小説はいつも、どこか現実離れしたものなのですが、だからと言ってとっつきにくいものではありません。本作は私にとってはセックス(性交)を強くイメージさせるものでした。第2部の後半あたりはほぼ、そうした描写ともいうべきような記述が続きます。

一体、この小説が何を語っているのは、私にはよく分からないながらも(泣)、やはり自己再生の物語ということかと思います。主要な複数の登場人物が古典西欧音楽を好んで聴く設定であることから、クラシック音楽関係のの文章が特に多いことも、この小説の特徴です。そうして点を含めて、読みながら、その背後にある作者の嗜好なり、ものの考え方が分かるというかよく見えてきます。これも良くも悪くも、本作品の特徴ですね。

しかし記憶は残る。記憶は時間を温めることができる。そしてーもしうまくいけばということだがー芸術はその記憶を形に変えて、そこにとどめることができる。
(「騎士団長殺し」第2部112Pからの引用)

正直言って、マンネリという批評もあるかと思いますが、私にとっては安心してこの小説世界に浸ることができました。一つだけ残念だと思ったのは主要な登場人物である免色(メンシキ)さんが、小説の後半になればなるほど、なんともステレオタイプというか平凡な感じになってしまっていることです。その結果、この小説の魅力というか深みを削いでしまっているような気がしてなりません。

とはいえ、今の日本で、これだけの小説、物語を書ける人は彼しかいないのも事実です。一応、熱心な一読者としては、これからもどんどん小説を書いてもらいたいと願うばかりです。

51wBEcbDH7L._SX349_BO1,204,203,200_.jpg

51bqPwkn87L._SX336_BO1,204,203,200_.jpg
村上春樹著「騎士団長殺し(第1部・第2部)」(新潮社)


共通テーマ:日記・雑感

出張先のモントリオールではブラッディ・シーザーをよく飲みました [旅をしている]

先週、一週間ほどカナダ、モントリオールに出張したのですが、その際にレストランやホテルのバーでよく飲んだカクテルがブラッディ・シーザー(Bloody Caesar)です。これはブラッディ・メアリー(Bloody Mary)の材料であるトマト・ジュースを、クラマト(「クラム(蛤)」と「トマト」を掛け合わせた造語かと思われます)という、蛤のエキスを含んだトマト・ジュースに代えたカクテルです。

一緒に出張した同行者(カナダ、トロント育ちの日本人)によると、ブラッディ・シーザーはカナダではごく一般的なカクテルでありながら、アメリカでブラッディ・シーザーと言って頼んでも、まったく通じなかったそうです。ちょうど出張先で打ち合わせをしたニューヨークから来た同僚(アメリカ人)に訊いてみても、「何それ?」といった感じで、蛤エキス入りのブラッディ・メアリーだと説明すると、嫌な顔をして飲もうとはしませんでした。

でも、これは美味しいです。蛤のエキスが合わさることで、味に旨みと深みが増します。お味噌汁の具等で浅蜊や蛤の味に慣れている日本人とっては馴染みやすいかと思います。私はすっかり気に入ってしまい、出張中、そして帰りのエアカナダの機内でも、このブラッディ・シーザーを楽しみました。

私は横浜の自宅でも時々、ブラッディ・マリーを飲むのですが、トマトジュースではなく、クラマトで割っていました。ですので私はブラッディ・マリーだと思って 、実はこれまでブラッディ・シーザーを飲んでいたことになります。このクラマトですが日本ではなかなか手に入りにくく、一部のスーパー(成城石井)やカルディで時々売られているのを見つけては即買いし、大切に使っていました。

今回、出張中の自由時間にスーパーマーケットを訪れる機会を得たので、早速クラマトの6缶パックを購入、日本に持ち帰った次第です。値段はとても安く、日本では成城石井ですと1缶で260円位しますが、カナダでは6缶パックで320円程度です。また、クラマトは、例えばコストコではペットボトルでも売られているですが、私の場合、もっぱらカクテルでしか利用しないので一回封を切って置いておくとしまうと味が劣化するような気がして、いつもこの缶(163ml)の方を使っています。

是非、機会を見つけて、ブラッディ・シーザーを試してみてください。ブラッディ・マリーよりも美味しいですよ。

51+evnixC7L.jpg
こちらが今回購入したMOTT'S INC社のクラマト トマトジュース。尚、「ブラッディ・シーザー」の由来については、以下のブログ記事が詳しく、またとても興味深いです。是非、こちらも読んでみてください。(勝手に紹介していますが、もし不都合がありましたら連絡下さい。すぐに削除します)
https://plaza.rakuten.co.jp/drambheag/diary/200408150000/


共通テーマ:日記・雑感

カナダの有名ステーキハウスでモントリオール滞在最後の夕食を楽しみました [旅をしている]

今週はカナダ、モントリオールに出張しています。出張時の楽しみといえば何と言っても食事です。今回もポルトガル料理やイタリア料理、フランス料理などを食べたのですが、モントリオール滞在最後となる昨夜は、ステーキハウス「The Keg Steakhouse + bar」でステーキとロブスターを頂きました。この「The Keg Steakhouse」はカナダ、そしてアメリカにも多くのお店がある有名ステーキハウスチェーン店です。今回、同行者を含め私たち四名で行ったモントリオール旧市街のお店は、高級感があるとまでは言わないまでも、なかなか雰囲気のあるお店でした。ちょうどこの日はカナダの建国150周年の記念日(七月一日)の前日で、今年は振替休日だったこともあり、多くの観光客や地元の人たちで満席となっていて、席に座るまで30分近く待たされるほどの賑わいでした。さっそくサラダとエスカルゴ(これが美味しかった)、そして各々違うステーキとロブスターを注文して皆でシェアしながら食べたのですが、(ステーキ単品だと30~40カナダドル程度というリーズナブルな値段の割には)どのステーキも美味しかったです。

QC-Montreal2-950x516.jpg
「The Keg Steakhouse + bar」HP モントリオール旧市街のお店の紹介写真

北米に出張したときは、やっぱりステーキが食べたくなります。アメリカと同様、カナダでもステーキはとてもポピュラーというか定番の料理です。実は、ここモントリオールではこれまで、なかなかおいしいステーキにありつくことができず、少々不満に思っていたのですが、やっと溜飲を下げることができました。サイドメニューとして頼んだ、カナダといえばサーモンと並んで定番となるロブスターも見事で、ステーキとロブスター、そして付け合せが一皿に盛り付けられた様子は、なかなか迫力があります。

img_caf7ea988f45b20d45afea27ee47cf98a8cb5cba_middle.jpg
こちらも「The Keg Steakhouse + bar」HP内の料理の写真。美味しそうでしょ?また、このお店でのデザートはチョコレートアイスケーキがお勧めです。北米サイズともいうべき大きさなのですが、何故かペロリを食べれてしまいます。

私にとって、モントリオールに滞在するのは二回目なのですが、(フランス系住民が特に多い)ケベック州の州都ということもあってか、ヨーロッパの香りのする素敵な街です。長身のイケメン、小柄な美女が多いことも特筆すべき特徴でして、目の保養になります(笑)。多分、今回が私の最後のモントリオール出張となるかと思いますが、また機会があれば是非訪れてみたいと思わせる素敵な街です。

海外出張ではなるべく日本航空や全日空といった日本のエアラインを使うのですが、今回はフライトスケジュールの都合もあって、カナダ航空です。帰国の際、現地の空港で日本のエアラインに乗って、いつもの機内の音楽と日本人CAの微笑みにみちた接遇を受けると「ああ、もう日本だ」と安心するのですが、今回は羽田空港に着くまで、「アウェイ」感ともいうべき緊張感に満ちた飛行機の旅になります(苦笑)。これから荷造りをして(今は現地時間で朝の6時過ぎ)5時間後にはもう飛行機の中です。もうあとわずかとなりますが、できるかぎりモントリオールの街の雰囲気を味わいたいと思います。


共通テーマ:日記・雑感