So-net無料ブログ作成

昔、読んだ本の中で特に印象に残っている表紙や挿絵について [本を読んでいる]

前の記事で、エドワード・ケアリーの「堆塵館」を読み、著者自身が書いた表紙のイラスト・挿絵がとても印象的だったことを書きましたが、私がこれまで読んだ本の中で特に印象に残っている本の表紙、挿絵といえば、何と言っても創元SF文庫のエドガー・ライス・バローズ(Edgar Rice Burroughs 1875~1950年)の「火星のプリンセス」に始まる火星シリーズやポプラ社の江戸川乱歩(1894年~1965年)「少年探偵」シリーズにおける武部本一郎氏(1914~1980年)によるものです。

51AST11K65L.jpg
こちらは創元SF文庫「火星のプリンセス」表紙

私が「火星のプリンセス」シリーズを読んだのは確か中学生のときだった(比較的遅くになって、私はこの本を読みました)かと思うのですが、表紙そして挿絵に描かれた火星の美女たちの色気には、少年ながらにも本当にドキドキしたものです(遠い目)。特に表紙に描かれた火星の絶世の美女デジャー・ソリスには心を奪われました。私の理想の女性像はほぼ、この物語とイラストで形成されたといっても過言ではありません。

他に忘れられない本の表紙、挿絵といえば、同じく創元SF文庫のエドワード・エルマー・スミス(Edward Elmer Smith 1890~1965年)の「銀河パトロール隊」から始まるレンズマン・シリーズ、そして、こちらはたしか新潮文庫だったかと思うのですが、星新一(1926~1997年)のショートショート作品集における真鍋博氏(1932~2000)のものが挙げられます。どちらも小学生高学年の時に読んだのですが、これらのイラスト、挿絵の独特の軽妙さと未来性には魅了されました。

71WwnjzGWlL.jpg
そしてこちらは同じく創元SF文庫レンズマンシリーズ③「第二段階レンズマン」の表紙です。

「火星シリーズ」「レンズマン・シリーズ」共に、スペースオペラ(注)の不朽の名作ですね。少年時代に、こうした作品を夢中になって読み、そして、これらの素晴らしいイラストと挿絵に触れることができたことは、私にとって、とても大切な思い出の一つです。

(注)サイエンス・フィクション (SF)のサブジャンルの一つ。主に(あるいは全体が)宇宙空間で繰り広げられる騎士道物語的な宇宙活劇(以上Wikipedia「スペースオペラ」の解説文からの引用)


共通テーマ:日記・雑感

エドワード・ケアリーの「堆塵館」を読み終えました [本を読んでいる]

先週、昼休み中の会社の執務室で、エドワード・ケアリー(Edward Carey 1970年~)の「堆塵館」(原題「HEAP HOUSE」)を読み終えました。これはアイアマンガー三部作の第一部にあたり、

十九世紀後半、ロンドンの外れに巨大なごみ捨て場があった。幾重にも重なる山のその中心には『堆塵館』という、ロンドンの不用なごみの寄せ集めでできた巨大な屋敷があり、ごみから財を築いたアイアマンガー一族が住んでいた。一族の者は、生まれると必ず「誕生の品」を与えられ、その品を一生涯肌身離さず持っていなければならなかった。十五歳のクロッド・アイアマンガーは誕生の品の声を聞くことができる一風変わった少年だった。
一方、十六歳の孤児のルーシー・ペナントは、召使いとして堆塵館に入り、館の風変わりな伝統と習慣を教えられ、暖炉掃除係として働くことになる。そしてある夜クロッドと出会ったことで、一族の運命が大きく変わっていく……。
(以上、「Amazon」の「内容紹介」からの引用です)

という、十代の少年少女向けに書かれた物語です。

この物語における、奇想天外な独特の世界観と不気味ともいえる登場人物の多彩さは、この本の最大の魅力となっています。また、著者自身が描いた、非常に味のある、一風変わったな表紙のイラストと挿絵はそうした魅力を更に際立たせています。この本(第一部)のラストは余りにも衝撃的というかびっくりするもので、その後の展開が本当に気になります。

今後、機会を見つけて、続編(「穢れの町」)も読んでみようと思います。ただ、これは小説(文学)というより、あくまでも物語でして、ストーリーが全てといった感じですね。その点で、私にとっては必読というより、むしろ余裕(時間)があるときに読むような本ということになりそうです。

81Fahegd3IL.jpg
エドワード・ケアリー「堆塵館」(東京創元社)


共通テーマ:日記・雑感

自宅近所のスーパーで売られている、スーパーオリジナルの安価な赤ワインを飲んでみました [お酒を飲んでいる]

お盆の週末の日曜日(20日)ですが、家内と次女が不在で、夕食は私と長女の二人でとることとなりました。そこで、自宅近所のスーパー(OKストア)でいつも売られている、オリジナルブランドのワイン「デリ・ブティックワイン」(赤)をものは試し、二人で飲んでみることにしました。

このデリ・ブティックワイン、「オーケー会長のおすすめ品」「『都内一流ホテルのハウスワインと同じものを創ってください』とお願いして、メルシャンさんに創っていただいたオーケー自慢のワイン」とのことで「赤が特にお勧め」となっています。
(以上、「」で囲んだ文章はオーケー店内のPOPコピーからの引用です)

驚くべきは値段でして、私が購入した時は、フルボトルながら、なんと379円(税抜き価格)でした。実は、これまでもこのスーパーに行くたびに、このワインの事は気になっていたのですが、余りにも安いので、逆に手を出せないでいました。飲んでみると、アルコール度数が11度と軽めで、味の深みコクといったものは無いものの、手軽なテーブルワインとして十分楽しむことができました。

これは私見となりますが、チーズ(特にパルメザンチーズ)をおつまみに赤ワインを飲む場合は、どんなワインでも美味しく飲めてしまうので、ワインは安いワインで十分というか、逆に高いワインですと、もったいないと思ってしまいます。また、一本何万円もするフランスの高級ワインは確かに美味しいのですが、ボトルの管理や飲む前の準備が余りにも面倒で、ああいうワインこそ、自宅で飲むより、ミシュランの星のつくようなレストランで、ソムリエのサービスの下、最高のコンディションのものを楽しんだほうが良いのではと思います。とはいえ、残念ながら、私の駄舌には、高級ワインの繊細な味わいを完璧に把握する能力は具わっていないようなのですが...(涙)
ただ、悔し紛れに言うと、日本酒はともかく、ワインについては味に比べて価格差が余りにもあり過ぎるような気がしてなりません。

最近は、アメリカ、カリフォルニア州ナパバレーのワインが夫婦共々のお気に入りで、よく飲んだりしているのですが、水代わりに飲める、とても手軽なワインとして、これから、この「デリ・ブティックワイン」(赤)も楽しんでみようと思っています。(ガラス瓶とコルク栓だけでも300円くらいはしそうですが…)この圧倒的なCP(コストパフォーマンス)の良さは、特筆すべきかと思います。

recommend-img05.jpg
写真はオーケーストアのHPに載っていた「デリ・ブティックワイン」(赤)。福岡県で医者をしている友人が教えてくれたのですが、普段、飲みものを口に入れて嚥下するまでの時間は2秒もかからないそうです。このわずか2秒間たらずの味わいを、(人間は)どうだこうだと言っているのかと思うと、少々複雑な気持ちになります。


共通テーマ:日記・雑感

お盆の週末に自宅のリビングで独り、1997年のアメリカSF映画「ガタカ」を観ました [映画を観ている]

今年のお盆は、家内が高校時代からの友人と千葉、幕張で開催されたロックフェス「SUMMER SONIC 2017」に土曜日から泊りがけで参加したこともあり、私はのんびりと一人(次女は家内とは別に「SUMMER SONIC 2017」に日帰りで参加、長女も所用で外出)で週末を過ごすこととなりました。

なかなかこうした機会もないので、よくみているブログで紹介されていて興味をもった1997年のアメリカSF映画「ガタカ」をレンタルビデオ屋さんで借りて観て見る事にしました。この映画は、

DNA操作で生まれた“適正者”だけが優遇される近未来。自然出産で生まれ、劣性遺伝子を持つ人間は“不適正者”として差別されていた。そんな不適正者の一人ビンセントは宇宙飛行士になる夢を抱いて家族のもとを飛び出し、優秀な遺伝子を持ちながら事故で下半身が不自由となった若者ジェロームと出会う…。『シモーヌ』のアンドリュー・ニコル監督が贈るSFサスペンス。(以上Amazon「ガタカ [DVD]」の内容紹介からの引用)

といった内容で、生まれながらの「才能」と生まれた後の「努力」、人生を決定付けるのは一体、どちらなのかという普遍的なテーマに取り組んだSF映画です。映画のトーンが、ヨーロッパ映画風というか、落ち着いたもので、その点は私好みということもあって興味深く観る事ができましたが、作品としての深みという点では、もう一段、掘り下げてほしいなあとも感じました。特に優秀な遺伝子を持ちながら事故で下半身が不自由となった若者ジェロームの描き方は余りにも残酷というか、もっと違った結末があっても良かったのではなどと思ってしまいました。

とはいえ、久しぶりにのんびりと独りで映画を楽しむことができました。まだまだ観たい映画は本当に沢山あります。また、機会を見つけて映画を観ようと思った次第です。

51iJWVMN8LL.jpg
写真は今回私が借りた「ガタカ」ブルーレイ版。

(2017年8月31日追記)
この記事を書いた後になって、ひとつ書き忘れたことがあることに気付きました。それはこの映画の中で使われていた音楽のことです。シューベルトの即興曲、そしてスタン・ゲッツの「First Song」といった私の大好きな曲が使われていて、とても印象的でした。もしかしたら監督のアンドリュー・ニコルの音楽の嗜好は、私と似たものがあるのかもしれません。


共通テーマ:日記・雑感

思わぬ車のトラブルに巻き込まれながらも、なんとかROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017に行ってきました [音楽を聴いている]

毎年、国営ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市)にて開催されている「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」には、これまで家内、次女が参加していて、たしか2013、2015、2016年は、私は運転手として(トホホッ…)、会場までの送り迎えをしていました。ところが今年は、なんと家内が家族全員分のチケット(8月11日当日券)を準備、家族全員で行くこととなりました。

正直言って、私はあまり、こうしたロックフェスには興味が無かったのですが、家内がいつも私に運転手役をさせているのは申し訳ないと思ったのと、一回、こうしたフェスの面白さ、素晴らしさを味わってもらいたいとのことで、わざわざ私の分までチケットを(彼女自身のおこずかいで)用意してくれたのです。

当日、車で横浜から国営ひたち海浜公園に向かったのですが、思わぬトラブルに巻き込まれてしまいました。ガソリンが殆ど無くなってきたので途中のPAで給油しようとしたところ、車の給油口のカバーがどうしても開かないのです。私の車の場合は給油口のカバーのロックはドアロックと連動する仕組みとなっています。スマホから車を購入したディーラーにも連絡、相談し、(言われた通り)ロック解除を何度やっても何故か給油口のカバーのロックが連動せず、カバーが開きません。

フェスの時間の関係もあったので、一旦給油はあきらめ、とりあえずフェスの会場まで家族を送り届け、私は一人、このトラブルを解決すべく(ディーラーから教えてもらった)水戸の、メーカーの販売店まで車を走らせることにしました。既に燃料の警告灯は点灯し、ディスプレイには残りの走行可能距離はわずか20kmと表示されています。調べると水戸市内のサービスセンターまでは17km、ぎりぎり間に合いそうですが、着くまでは気が気でなりませんでした。

なんとか水戸市内の販売店に着いてみると、なんと、お店はお盆休みで休業でした。事前に連絡しなかった自分を責めながら絶望的な気分になりながらも(車のディスプレイ上の走行可能距離は既に0km)、近く(300m位先)のガソリンスタンドまで、なんとか車を乗り入れて、ガソリンスタンドのメカニックの方に相談しましたが、やはり対応策がないとのこと。真っ青になりながら車のドアロック解除を何度もやり、必死でカバーを力ずくで開けようと何度も試みたところ、とあるタイミングでカバーが開きました。あの時の嬉しさは、当分忘れることはないでしょう。すぐに満タンまでガソリンを入れ、なんとか当座のトラブルは解決です。

今度は慌てて、国営ひたち海浜公園まで戻り、家内が予約していた専用駐車場に車を止めて、やっと会場へと向かいます。もう既に3時過ぎでしたので、「ももいろクローバーZ」を観ることは叶わず(私以外の家族は最初から観ることができたそうです)、家族と合流し、遅めの昼食をとった後、GlassStageに向かい「Perfume」と「サカナクション」のライブを観ることができました。

当日は天候は曇天で気温は低くかったものの、雨が降らなかったのは幸いでした。私は、フェスならではの独特なライブの雰囲気を初めて知りました。特にサカナクションのライブは、その独特のグルーブ感も相まって、とても素晴らしかったです。娘(次女)も「(サカナクションのライブは)CDで聴くのと全然違って、本当に良かった!!」と感激していましたが、私にとって初めて聴くこのバンドのライブに接しながら、演奏者と観客との一体感から生まれる感動、素晴らしさを存分に味わいました。

家内や娘がフェスに夢中になる理由も、分かったような気がします。ただ、周りを見渡しても、私のような中高年の姿はなく(本当に若い人だらけ...)、もしかしたら私が最年長の参加者だったかもしれません(汗)。それだけに、最初は気恥ずかしかった(自意識過剰ですな)のですが、ライブに参加しているうちに、そんなこともどうでも良くなってきたのは、こうした音楽フェスの素晴らしいところだなと一人納得した次第です。

来年はどうしようかな?
家内に誘われれば、喜んでまた参加してしまいそうな自分がいます。
とても素晴らしい体験をしました(帰りの車の運転はちょっときつかったけど…)。

ロッキンジャパンフェス 2017 1.png


共通テーマ:日記・雑感

横浜駅近くのジャズバーに行ってみました [音楽を聴いている]

先週の火曜日、仕事と社外研修を終えて東京駅から東海道線で横浜駅まで行き、そこから東急東横線に乗りかえて自宅に帰ろうとしたのですが、少し疲れていたせいか、なんとなく飲みたくなってしまい、(これまで行こうと思いながら行っていなかった)横浜駅近くのジャズバーに行ってみることにしました。

横浜駅近くといっても、岡野の交差点に近いところにあるので、駅からは10分程度とそれなりに歩きます。小さな雑居ビルの2階にある、このお店は隠れ家感満載ですね。中はカウンターのみで壁側にはギターが何本か置かれています。お客さんは、この日は常連のミュージシャンや音楽関係者ばかりだったようで、フュージョン系の音楽がかかっていました。

暫く飲んでいると、常連のお客さんたちも帰ってしまい、お店に残ったのは酔いつぶれた一人のお客さんと私だけとなってしまいました。音楽もジャズボーカル(ダイアナ・クラール、シャーデー、ソフィー・ミルマン)にかわり、いかにもジャズバーといった雰囲気になりました。そのまま、また暫く飲んでいると、音楽がヴァイオリンの無伴奏演奏へと変り、(多分、シマノフスキの)小品に続いてバッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第一番がかかりました。思わずマスターに演奏者を尋ねてみると、後藤みどりさんとのこと。ジャズバーでクラシック音楽を聴くのは、蒲田のジャズバー「直立猿人」で、マスターと二人で邦人現代作曲家のオーケストラ曲(作曲者名、作品名共に忘れてしまいました。もしかしたら柴田南雄の「追分節考」だったような気もするのですが・・・)を聴いた時以来です。次にパガニーニの24のカプリース(こちらも多分、演奏は後藤みどりさん)がかかりました。この曲集を聴くのは一体何年ぶりなのでしょう。10年ほど前に次女がヴァイオリンを本格的に習っていたころ、この曲集から何曲かを練習したことがあり、その時に、CDを良く聴いた記憶がありますが、最近はまったく聴いていませんでした。

マスターに訊いてみると、特にジャズだけに拘っている訳ではなく、その時の気分で自分の好きな曲をかけているとのこと。いやあ、なかなか面白いバーです。私は、いつもは横浜駅経由では帰らないのですが、機会を見つけてまた訪れてみようと思います。このジャズバーでハイボールを飲みながら、バッハとパガニーニをしっかりと聴いたのは、私にとって久々の刺激的な音楽体験となりました。

barlejazz.jpg
写真は「BAR Le Jazz」の店内の様子。この写真はHP「横浜バーマップ」(http://www.yokohama-barmap.net/)に掲載されているものです。


共通テーマ:日記・雑感

八重洲にある立ち食いうどん屋さんで久しぶりに博多うどんを食べました [食事をしている]

7月中旬から、資格取得のための社外研修を平日の夜、週二回のペースで受講しています。研修会場は日本橋にあり、毎回、受講前に、その界隈の立ち食い蕎麦屋で(受講中に眠たくならない程度の)簡単な夕食をとることが多く、「よもだそば」「そばよし」といった、立ち食い蕎麦の有名店(「よもだそば」はカレーライスも有名)を良く利用しています。

先日、他に美味しい立ち食い蕎麦(うどん)屋がないか探していたところ、八重洲に「丼拓」という博多うどんを売りにしている立ち食いうどん屋(この店名は博多のお祭り「どんたく」の当て字かと思われます)があることを知り、早速行ってみました。

私にとって博多うどんは、忘れることのできないソウルフードの一つです。幼稚園から小学校低学年まで住んでいた福岡市では、家族で天神にお買いものに行った時に良く、うどん屋さんで丸天うどんを食べました(これは私にとってささやかながら、大切な幼少時代の家族の幸せな思い出の一つです)し、大学卒業後、会社に入ってからも東京駅の地下街にあった「博多うどん」(私が入社したての30年程前は丸の内側、その後東京駅リニュアルに伴って八重洲側、南口に移転後、最近になって閉店)でよく食べたごぼ天うどん等は忘れることができません。

みなさんご存知の通り、博多うどんは柔らかな麺、薄口しょうゆを使った透明な汁、そして入れ放題の万能ねぎが特徴です。今回食べた「丼拓」のごぼ天うどん(柔らか麺で注文、通常よりも50円増し)はまさしく、麺、汁共に博多うどんだったのですが、入れ放題のネギが万能ねぎではなかった事だけが残念です。まあ、(柔らか麺がオプションで)通常の麺で普段提供していることから、ねぎはこうせざるを得なかったのかなとも思います。それでも、ねぎを入れ放題としているところは店主の矜持なのでしょう。

久しぶりに博多うどんを食べることができました。本当に懐かしかったです。また機会を見つけて行ってみようと思います。

1024px-Hakata_udon.JPG
写真はWikipedia「博多うどん」の解説HPに載っていた、博多の老舗うどん屋「木屋」の丸天うどん。いつか訪れて食べてみたいです。


共通テーマ:日記・雑感

マリラ・ジョナスのCDボックスセットを聴いてみました [音楽を聴いている]

6月末にモントリオールに出張中にマリラ・ジョナス(Maryla Jonas 1911~1959年)のCDボックスセットが発売されたことを書きましたが(その時の記事はこちら→http://syoso-chunen.blog.so-net.ne.jp/2017-06-29、8月上旬にやっと入手、機会ある毎に聴いています。私は彼女の録音はすべてアナログ盤で入手して既に何度も聴いているのですが、こうして気軽にCDで、スクラッチノイズなく楽しめるようになり、感激もひとしおです。

私は彼女の演奏に、訳もなく惹かれてしまいます。気がつくといつの間にか夢中になって聴いている自分がいます。彼女の演奏の何が、私をここまで惹きつけるのかは分かりませんが、多分、テンポとその微妙なゆらぎに秘密が隠されているのではと思います。とはいえ、一旦聴き始めると、見事に心を掴まれてしまい、そんなことはどうでも良くなってしまいます。

本当に大好きです、というか愛してやみません。特にショパンのマズルカ、ノクターン、シューベルトのアンプロンプチュの演奏は最高ですね。他にまだ彼女の録音が遺されていて、今後発掘されることを願うばかりです。真の天才とは彼女のことをいうのでしょう。このCDボックスは私が今、一番大切にしている宝物です。まだ聴いたことがないのでしたら、是非、一度聴いてみてください。絶対後悔しない事を約束します。

71Wa5Aq0CsL._SL1200_.jpg
こちらが「The Maryla Jonas Story - Her Complete Piano Recordings Box set」。中のライナーノーツやオリジナルLPジャケットを忠実に再現したCDジャケットもとても素晴らしいものです。


共通テーマ:日記・雑感

森本梢子の「高台家の人々」(6巻)を読みました [漫画を読んでいる]

少し前の話になりますが、森本梢子の「高台家の人々」(6巻)を読みました。この漫画は去年、家族から薦められて読んだところ、その面白さにすっかりハマってしまったものです(その時の記事はこちら→http://syoso-chunen.blog.so-net.ne.jp/2016-09-04。今年の初夏に完結編となる6巻が出たことを今頃(8月)になって知り、慌てて家内に訊いてみたところ、「とっくに買ってあるわよ。あなたにも言ったと思うけど…」とのことで(汗)、さっそく借りて読んでみました。

内容はどちらかというと、本編の後日談ともいうべきものでした。ストーリーがしっかりしているので、安心して読めますね。木絵の妄想に少しキレがなかったのは残念でしたが、それでも十分面白かったです。森本梢子さんには是非、続編を書いてもらいたいです。茂子と和正の恋のゆくえや木絵と光正の子供の話を読んでみたいものです。

この「高台家の人々」ですが、老若男女問わず、どんな方にでも薦められる良質なコメディー漫画だと思います。読んでいて、その背後にある作者の暖かい眼差しをひしひしと感じることができます。本当にお勧めですよ。

51UHURxfrvL.jpg
写真は「高台家の人々 6 」(マーガレットコミックス)


共通テーマ:日記・雑感

またまた、横浜高島屋の抽選販売で「森伊蔵」を入手することができました [お酒を飲んでいる]

今回は小ネタです。少し前の話になるのですが、7月下旬に横浜高島屋から「森伊蔵」(720ml)の抽選販売での当選通知のハガキが届きました(やったー!)。

横浜高島屋では定期的に「森伊蔵」の抽選販売を行っています。横浜に買い物に行った時には必ず、地下一階のお酒コーナーで抽選受付を行っているかどうかチェックし、受付している時は家内と二人で二口応募するようにしています。前回、昨年3月に当選、入手(その時の記事はこちら→http://syoso-chunen.blog.so-net.ne.jp/2016-03-31して以降も、こまめに応募しながらもなかなか当たらず、やきもきしていたのですが、今回が久しぶりの当選ということになります。早速、週末に高島屋に行き、購入した次第です。

家には二本の未開封の「森伊蔵」がストックされていて、これで三本目となるのですが、丁度義弟家族が横浜に遊びにきていて、義父母、義弟家族と一緒に横浜で食事をする機会がありましたので、焼酎好きの義弟にストックしていた一本をあげることにしました。多分、喜んでもらえたのではと思います。

これからも横浜高島屋の「森伊蔵」の抽選販売(720ml瓶ですと横浜高島屋での抽選倍率は8倍程度のようです)にはトライし続けるつもりです。何と言ってもプレミア価格ではなくて、通常価格で入手できる貴重な機会です。この調子で、年に一回ペースで当選するようだと本当に嬉しいのですが…自分のくじ運が良いことを祈るばかりです。

mori20.jpg
写真は「森伊蔵」(720ml)。本文中で横浜高島屋での抽選倍率が8倍だと記していますが、これはこちらのサイト「森伊蔵を定価で購入する方法」http://shoutyuu.com/puremia_shoutyuu/sita_moriizou.htmの記事を参考にしました。これによると「森伊蔵」(720ml)を入手にあたり横浜高島屋で抽選に応募するのは高島屋米子店の次に倍率が低いということになります。


共通テーマ:日記・雑感