So-net無料ブログ作成
小説を書いている ブログトップ
前の10件 | -

文学賞に応募しました [小説を書いている]

昨年の3月に何とか書き上げ、とある新人賞に応募した処女作(原稿用紙250枚程度の小説、応募結果は一次選考にも残らないという、悲しい結果でした)については、ずっとそのままにしていたのですが、今回、もう一度、全てを見直し、一部、省いたり、書き足したりといった、手を入れた上で、先週、別の文学賞に応募してみました。
この作品を読んで、色々なアドバイスをくれた大学時代の後輩から、一部ミス等も見られるので、もう一度、きちんと見なおした上で、別の新人賞に応募してみてはと強く勧められたこともあるのですが、やはり、前回、中途半端なまま応募してしまったという、後悔があり、やはり、きちんと自分で納得した形にした上で、評価してもらいたいと思ったことが最大の原因です。自分なりに納得する形にすることができたので、今は、すっきりとした気分です。もう、この作品については、これ以上、何かするつもりはありません。これからは、これも1年程前に書きかけ(現時点で原稿用紙30枚程度)のまま、放置していた次作(仮題「兄」)に専念しようと思っています。処女作は三人称で書いたのですが、こちらは一人称(僕)の小説です。久しぶりに読み返してみたのですが、続きを書きたくなりました。これからちょっと、頑張ってみます。

41ljN6379SL._SL500_AA300_.jpg
写真は「太宰治賞2011」(河出書房編集部)

共通テーマ:日記・雑感

やっと、以前書いた小説に改めて手を入れる作業を開始しました [小説を書いている]

昨年の3月に何とか書き上げ、とある新人賞に応募した処女作(原稿用紙250枚程度の小説、応募結果は一次選考にも残らないという結果でした)については、その後、もう一度きちんと手を入れようと思いながら、なかなか本格的な作業に入れずにいました。昨年、それまで住んでいたマンションを売却し、一戸建ての二世帯住宅を建てて新居での生活をスタートさせたり、今年に入って父が病に倒れ、亡くなったこと等、プライベートでバタバタとしていたせいもあるのですが、最大の理由は、私がこの小説を最終的にどのようにしたいか、(獏としたものにせよ)何らかのヴィジョンをこれまで持っていなかったからです。
ここにきて、この小説に手を入れようと思い立ったきっかけをくれたのは、大学時代のサークルの後輩からの一通のメールでした。文筆家の彼はその中で、自身の執筆状況等の近況を伝えながら、私の書いた小説をこのままにしておくのは勿体無いので、別の新人賞に応募するか、直接出版社に送って、見てもらえば良いのではとアドバイスをしてくれていました。そういえば、彼とはここのところ、ゆっくり話もしていなかったこともあったので「一度、直接会おう」という話にさっそくなり、先日、湯島で久しぶりに彼と会い、大学時代から通っている飲み屋で盃を重ねました。そしてその夜、彼と話をしているうちに、もう一度、あの小説にトライしてみようという気持ちが芽生え、そしてここ2週間程、この小説をことを考えた結果、自分なりの方向性のようなものも、ある程度、掴めてきたような気がします。
さて、いざ書くとなると、昼間は仕事でまた夜、飲む機会も多いため、ちょっとした自由な時間を見つけては、こちょこちょと書くこととなります。そこで、以前、小説を書くときに使っていたJornada720というハンドベルドWindowsCE機を持ち出してみたところ、なんと液晶の表示が不良(多分、フレキシブルケーブルの断線)で使えなくなっていました。(これまで大切にしていたものなので、実はかなりショック…)
何か、キーボードが付いた文章入力装置が必要ということで用意したのが、(これも古いものなのですが)パナソニックのCF-R5、レッツノートと名づけられたノートパソコンです。これは1kgを切るB5サイズの1スピンドルノートパソコンで、バッテリーの持ちも良く、普段持ち歩いてもそれほど負担とはなりません。このパソコンに縦書きが可能なフリーのエディターソフトである「Vertcial Editor」をインストール、広辞苑、Wikipedia等の辞書データもハードディスクに入れ、これもフリーの辞書ソフトである「EBwin」もインストールし、環境を整えました。
今、ウィトゲンシュタインの「論理哲学論考」を読んでいる最中なのですが、それと並行する形で、とりあえず何とか、この小説に手を入れていくことにします。後はどれだけうまく自由な時間を確保できるかですね。頑張ってみます。

CF-R5.jpg
写真はパナソニックのノートパソコン「CF-R5」、今はWindowsXPで動かしていますが、古い機種ながらWindows7でも動作するようですので、将来XPのサポートが切れるまでにはWindows7をインストールして、モバイルパソコンとして使いつづける予定です。

共通テーマ:日記・雑感

前に書いた小説を大きくリライトしてみようと思っています [小説を書いている]

今年の春になんとか書き上げた処女作については、(記念に)とある新人賞に応募して、それでおしまいと考えていたのですが、ここに来て、もう一度大きくこの小説に手を入れてみようと思い始めています。この処女作には、(作者の私でも)どうにも鼻につく部分があるのです。それは、もしかしたら第一稿を見て頂いた編集者の方から言われた「(主人公に)共感できない」部分と重なるところではないかと思うのですが、その部分が中途半端となっていることで全体のトーンも少し微妙なものになってしまっているような気がしてなりません。実は、次作は既に書き始めている(といってもまだ原稿用紙30枚程度ですが)のですが、それは一旦中断して、もう一度処女作に取り組みたいと思います。具体的には、これまでのストーリーをもう少し整理し、余計なエピソードとかは省いて、話の流れを骨太にした上で、新たなモチーフを書き加えてみようと考えています。問題は仕事とプライベート共に、ここに来て、かなり忙しくなっている中で、小説のための時間が確保できるかどうかですね。うまく時間をやりくりしながらもう一度トライしてみようと思います。

共通テーマ:日記・雑感

電車の中では、古いZaurusを使って、小説を書いています [小説を書いている]

先週あたりから書きはじめた小説についてですが、未だ原稿用紙12枚程度、序章も序章、これからという感じです。私の場合、実際に書いてみないと、どうストーリーが展開するのか分からないので、とりあえず書けるところまで書いて、また考えるという、かなり行き当たりばったりな作業となります。そのため途中でストーリーが当初の予定からまるで変わったり、勝手に別の話が加わったりすることはしょっちゅうです。この、かなり、いい加減な執筆スタイル(苦笑)ですが、これは私だけなのでしょうか?他の方々、例えばプロの作家はどのようにしているのでしょう?いつか機会があったら、関係者の方々に聞いてみたい事の一つです。

相変わらず、仕事もプライベートもバタバタしているので、通勤途中の電車(それも行きの電車だけです。帰りは疲れていたり、お酒が入っていたりで、殆ど無理です)の中が、主な執筆場所です。立ったまま書くことも多いので、今は、昔、使っていて、今は机の引き出しで眠っていたZaurus(SL-C1000という2005年に発売されたPDA、いつかAndroidでもインストールして、遊んでみようなどと考えていました)を引っ張り出して、簡易執筆ツールとして使っています。インストールしたエディター(Zeditor)と日本語変換システム(Anthy)を使って書いているのですが、扱い易いクラムシェル型の筐体、液晶が見やすいこと、そしてなによりも、たったままでの作業にも対応する、両手で抱えての親指タイプにぴったりのサイズとキーボードは本当に使い易く、重宝しています。今は生産も終了し、その後継機種として、同じLinuxベースのNetWalkerが発売されていますが、僕にとっては未だにこの古いSL-C1000がお気に入りです。
「もしかして、ただのPDAとかデジタルガジェット好きじゃないのか?」とのツッコミも、実のところ、かなり当たっているのですが(苦笑)、モバイルでのデジタル環境を自分なりに如何に整備するかという問題は、今の日本のサラリーマンに共通する、一つの課題ですよね。昔と違って、WiFiやSimフリー等、デジタル環境整備が進み、iphoneやXperiaといった、スマートフォンが大はやりとなっている今の状況は、私にとって、とても嬉しいことです。この課題については、多分、今後も試行錯誤を続けていくことになりそうですが、ZaurusやJornada、Cassiopeiaといった、昔のこうしたPDAも、使い方を絞れば便利に使えますし、それなりにつくりがしっかりしていて、味があるものです。あえて、こうした機器をオークション等で安く手にいれて、活用するのも一つの方法だと思います。

SL-C1000.jpg
写真はZaurus SL-C1000

共通テーマ:日記・雑感

第二作目となる小説を書き始めました [小説を書いている]

ゴールデンウィーク中、なんとか半日ほど、自由な時間が確保できたので、第二作目となる小説を書きはじめました。一作目(現在、とある新人賞に応募中)は三人称で書いたので、今回は一人称(「僕」)で書いてみることにしてみました。最終的にどのくらいの枚数になるのか想像もつきませんが、じっくり取り組んでみようと思っています。今年の秋くらいの完成が目標です。
頑張ろーっと。

共通テーマ:日記・雑感

自分の小説を、とある新人賞に応募しました [小説を書いている]

2月と同様、3月も、平日は仕事に追われ、また週末は二世帯住宅建築のための諸手続きに奔走したため、殆どブログの更新が出来ませんでした。4月から、また心機一転ブログへの書き込みを増やしていきたいと考えております。宜しくお願い致します。
昨日、今まで書き温めていた小説を、とある新人賞に応募しました。小説自体は昨年度中に一旦完成していたのですが、出版社の方の意見等を参考に、今年に入り、ラスト部分をさらに書き足そうとしていました。ところが今年に入り、仕事が急激に忙しくなり、また、プライベートでも色々なトラブルを抱えてしまい、殆ど小説に手を付けることができなくなってしまいました。それでも、なんとか小説を新人賞に応募しようと、応募締め切りの前日、3月30日の夜に、ネット喫茶にこもり、新たなラスト部分をぶっつけで書き足し、翌日の31日になんとか応募しました。
最後はなんともバタバタになってしまい、こうして書き足した新たなラストも、まだまだ未完成なものとなってしまいましたが、とりあえず完成(結局、原稿用紙241枚程度の小説となりました)させ、応募することができて、ホッとしています。これでこの小説にかかわる作業は一旦終了となります。
今回、初めてこうして小説を書いてみたのですが、本当に色々な意味で勉強になりましたし、それなりに面白い経験だったなーというのが正直な感想です。前にも書きましたが、辞書をひく習慣がついたことが最大の収穫かもしれません。
これから次作について、のんびりと構想を纏めてみようと思います。次回作ではもう少し登場人物を多くしたり(処女作ではまともな登場人物は主人公を含め、全部でたった6人、主人公がきちんと会話した相手となるとたった2人…)、主人公に旅をさせて(処女作では結局、主人公は近くの商店街と駅に行った他は家の周りを散歩しただけ…)みたりしてみたいなーなんて思っています。(苦笑)

共通テーマ:日記・雑感

小説を完成させるべく、新しいラストを書き足す作業を開始しました [小説を書いている]

昨年の年初から書きはじめた小説については、同じ昨年の11月に一旦、完成したつもりだったのですが、出版社の方からのアドバイスや私自身、色々と考えた結果、新たなラストを書き足す事にしました。そこで、昨日から、ほんの少しづつですが、書き始めています。3月末までに、新たなラストを書き上げた上で、全体を見直し、新人賞に応募する予定です。結果的には原稿用紙250~300枚程度の小説になりそうです。
前にも書きましたが、通勤電車(特に行きの電車です。帰りはお酒が入っていることが多くて…)が、小説の構想を練る、良い場所になっています。まだ、はっきり、こう書こうと決めたものがあるわけでもなく、手探りでこれから進めることになりますが、頑張ってみようと思います。

実は、この文章が、私にとって、ちょうど100本目の記事になります。私は、当初、生まれて初めて自分の小説を書く上での記録を残しておこうと考えて、このブログを始めました。現在は、小説の創作日誌以外の、読書の記録や好きな音楽、映画のこと、自分の雑感なども書くようになりました。長年ブログをやっている方にとっては、100本の記事など、取るに足らないものかもしれませんが、それでも、私にとっては、大事な自身の記録になっています。今回、こうした節目となる記事数になったこともあり、これからも、折りに触れ、自分の考えていることや行動、好きなことなどを、このブログに書き続けていこうと、また、決意を新たにしたところです。

根岸森林公園.jpg
根岸森林公園2.JPG
写真は新たなラストの舞台となる予定の公園のイメージ

もう一つ別の出版社の編集者からも、私の小説に対する感想を頂きました [小説を書いている]

金曜日に、私の小説を読んでくれた中堅出版社の編集者の方からも、色々と忌憚のない感想を貰いました。その中で、私が特に気になったのは「テーマ設定」についての厳しい指摘でした。
その内容は、「テーマの設定が疑問、もしくは弱く、このままだと、ただの自分の自己表現としての小説というならともかく、他人に読んでもらう水準には達していないのではないか?」というものです。
さっそく、辞書で「主題(テーマ)」で調べてみますと、「作品・論文・議論・研究などの中心となる思想内容」と出てきます。ということは、私がこの小説で何を読者に訴えようとしているのか、その点が曖昧だということになります。「今更、テーマ設定が問題になること自体、どうよ?」という意見はともかく(苦笑)、本質的な問題点であることは間違いありません。
色々と考えてみたのですが、私の小説はまだ途中だったのではないか?というのが今の結論です。まだ、書き足りないことがあり、それをきちんと書かない限り(暗示するのでも良いでしょう)、私の文章は「小説」にはならないのでしょう。
今回頂いたアドバイスは、「目から鱗」というか、自分にとって、一つの転機にもなりえるものだったのではないかと思います。
「小説」を書くことって、おもしろいですね。もうちょっと頑張ってみます。

「新人賞」への応募を考えています [小説を書いている]

先週の金曜日に、私の書いた小説を老舗出版社に紹介してくれた友人と久しぶりに電話で話しました。
彼の方は、月曜日に、もう一つの中堅出版社の担当者に、私の小説を見せる予定との事で、本当に嬉しい限りです。ただ、出版社からは小説に対するアドバイスは貰えても、「出版」となると、まったく話は変わってくるそうです。これは、他の出版関係者から聞いたのですが、特に、日本では、純文学の本を出版する一番の近道は、やはり「新人賞」を取る事で、出版社の担当者も、出版にあたっては、それ(「受賞」)が前提となっているとの事。実際にも殆どの作家が、「新人賞」をとってデビューしています。ですので、私も、この小説を、きちんと新人賞に応募してみようと考えています。
色々と紆余曲折はありましたが、友人との電話は、「(あわよくば)出版社が本にしてくれるかも?」などと甘い考えを持っていた自分に喝を入れ、きちんと現実に向かい合う、良いきっかけになりました。ほんと、まだまだ半人前ですね。(苦笑)

文藝.jpg
写真は「文藝」(河出書房新社)

出版社の方から丁寧な感想とアドバイスを頂きました [小説を書いている]

以前、自分の書いた小説を出版社の方に見ていただいているとお話しましたが、先日、丁寧な感想とアドバイスを頂きました。頂いたアドバイスは、「もう少し、文章なりエピソードを絞って、緊張感を増す方向でまとめ直した方が良いのでは…」との事で、それに加えて、「新人賞に応募する際には、事前に傾向なりをきちんと見極めてから、応募したほうが良い」とのアドバイスも頂きました。頂いた感想は好意的でしたが、出版への道程が遠いことを痛感する、かなり辛いものとなりました。
乗りかかった船ですので、このまま、別の出版社の担当者の方にも見てもらおうとしています。その感想も併せ、今後、この小説をどうするか(このまま新人賞に応募するか、もう一度かなり手を加えてみるか)総合的に判断したいと考えています。
前の10件 | - 小説を書いている ブログトップ