So-net無料ブログ作成
車に乗っている ブログトップ

大阪曽根崎町のジャズバー「Bar 真湯」のマスターから薦められたもの (1) [車に乗っている]

前の記事で、大阪出張時に訪れた曽根崎町にあるジャズバー「Bar 真湯」で、マスターとオートバイのことやツーリング話に花が咲いたことを書きましたが、私は20代半ばまでオートバイに乗っていたものの、その後久しく乗っておらず、マスターにいつかまた、今度はスーパーカブにでも乗ってツーリングをしたいことを告げたところ、薦められたのがインドのLML(Lohia Machinery Limited)のスクーターです。

私はこれまで、この、インド、カーンプルにあるオートバイメーカー・ブランドのことをまったく知りませんでした。この会社は80~90年代にベスパのライセンス生産を行ない、インド国内やアジア諸国での販売を続けてきたメーカーとのことで、99年にピアジオ社との提携を解消した後も、「スターデラックス」の車名で、ライセンス生産当時のモデルを現在も製造し続けています。

現行モデルは125cc(2 、4ストローク)、150、151cc、200cc(4ストローク)エンジンをつんでおり、151ccはオートマティックモデル専用、125cc(4ストローク)にも通常のマニュアルモデルに加え、オートマティックモデルも用意されています。マニュアル車のギアチェンジはベスパ伝統のハンドグリップシフト、そして外観は「Vespa PX」シリーズのまま、クラシカルなデザインを保っています。カラ―バリエーションもピュアホワイト、ナチュラルアイボリー、アーモンドグリーン、ライトニングイエロー、コバルトブルー、レッド等あるようで、かなりカラフルです。

これは良いです。とはいえ、まだ現物を見た訳ではなく、LMLのサイトやツーリングの様子を捉えた動画等を見ているだけですが、それでも所有欲をかきたてられます。このスクーターのフロント、リアキャリアに荷物を載せて。のんびり、ソロ・ツーリングなんかしたら良いだろうなあと思います。

私の場合、ひっ迫した経済状況の中、当分、このスクーター(本体価格は40万円程度)を購入する余裕などあるはずもなく、また、仮に経済状況が好転したとしても、家内が(事故や怪我を理由に)かなり強硬に反対することは間違いないので、現実的には、将来に亘って、このスクーターに乗るチャンスは、まず無さそうですが、それでも時々、LML社のサイト等を見ては、このスクーターに乗ってソロツーリングしている自分を夢想し、自らを慰めています。

一度は現物を見てみたいですね。そして、やっぱり跨ってみたい、久しぶりにそう思わせたスクーターです。

f0234392_14304094.jpg
写真はLML スターデラックス 4S 200(ホワイト)

main-qimg-46f763ff2c1afa30853e024281063cd0-c.jpg
カラーバリエーションは豊富です。私はコバルトブルーが好みです。


共通テーマ:日記・雑感

11年ぶりに車を買い替えました [車に乗っている]

前の記事で、これまで11年以上乗ったきたSAAB 9-3SEが故障してしまい、車を買い替えざるを得なくなってしまったことを書きましたが、私は昨年の秋に新居を建てたばかりで、今、手持ちの現金はほとんどありません。(泣) また、前に述べたように、私の車は、11年落ちかつ高額修理が必要なものですので、下取りといったことはまず考えられない状況となっています。従って(情けない話ですが)頭金が用意できない中での買い替えとなりますので、ローンに頼るしかない上、非常に高額な買い物となりますので、特にローンの金利が問題となります。インターネットや新聞のチラシなどを通じて調べてみると、(3~5%の金利が当たり前の)日本車に比べ、一部の外国車については1.99%といった2%を切る低金利での購入が可能な様子です。そこで、特に2%を切る低金利での購入が可能で、この週末に販促キャンペーンを行っている、ボルボとVWを中心に検討を始めました。
早速、先週の土曜日に、お目当てのディーラーに行こうとしたのですが、その前に、SAABを購入したヤナセの担当者(私の担当は途中で代わったものの、7~8年のお付き合いが有りました)からの「Benz C200を是非に」との強烈な営業攻勢を受けてしましました。私も、C200の2012年モデルが、2000箇所にも及ぶマイナーチェンジを受けた、非常に評判の良い車だということは知っていますが、今の私には到底購入できるものではない(それでも車両価格は以前と比べれば大幅に安い、400万円を切るレベル)ことは分かっていたものの、先方の「一度だけでも話を聴いて欲しい」とのことで、お話を伺ったのですが、やはり今回ばかりは無理とのことでお断りしました。
その後、ボルボのショップに行き、話を聞いたのですが、1.9%の特別利率は3年ローンに限り適用され、5年ローンでは通常利率となること、また、お目当てのV50 Classicは今年がモデルとしての最終年にあたり、後継機種は型番が替わるため、将来的な下取り価格に不安が残ること(まあ、SAABと同様、乗り潰すつもりならば問題はないのですが)、そして破格に安くなった(実質300万を切る程度)とはいえ、まだ私にとっては価格が少し高く、SAABと同じようなスウェーデンデザインにも新味を感じることができませんでした。
そしてこの日、最後に観たのがVWです。その中でもGolf Variantは、派手な魅力があるというわけではないものの、高品質で、かつサイズ的にも取り回しが楽そうなこと、またワゴンということでラゲッジスペースが広いこと等、好印象を持ちました。1.99%の特別利率は5年ローンでも適用され、車両価格は日本の中型車と同等か、それよりも安い位(200万円代後半)、かつ、他の欧州車と違って(日本車と同様)エコカー減税も効くとのことで、とても求めやすくなっています。その上、この9月は決算月ということもあって、その日、私が行ったディーラーでは大規模な販促キャンペーンが行われていて、期間限定で30万クラスのナビ+ETCが14万円でオプションとして提供されていたりと、大幅な値下げも期待できそうです。結局、その日は一旦見積もりを持って帰宅、夜、家内と相談をし、候補車をGolf Variantに絞った上で、明日は他のディーラーも回ってみよう、ということになりました。
インターネットで調べてみると、VWを扱っているディーラーはとても多く、私の家の近くだけでも四軒もあります。土曜日に私が最初に訪れたのはVWの正規ディーラーでしたが、近くにはVWジャパンの直営店も二軒ほどありましたので、翌日の日曜日は早速近くの直営店の方に足を運びました。お目当ての車に実際に私と家内、それぞれ15分ほど試乗し、道具としての基本性能が非常に高い水準にあることを確認した後、早速、見積り交渉をしました。その結果、前の店(正規ディーラー)ほどの値引きはどうも期待できそうもなかったので、残念ながらここは脱落、そして今度は昨日のヤナセの担当者から紹介された別のヤナセの方(ヤナセはVWも扱っている)と自宅近くのファミリーレストランで待ち合わせをし、見積り交渉を行いました。私としては、これまでヤナセの方には本当に色々とお世話になったこと(そしてヤナセのアフターサービスは丁寧で安心感が抜群なこと)もあり、なんとかヤナセで決めたかったのですが、最初のディーラーの提示した値段は、どうやっても出せないとのことで、こちらも脱落ということになりました。(実は5万円くらいの差なら、ヤナセに頼もうと家内とは相談していたのですが、15~20万円近い差がついてしまいました)
結局、土曜日、最初に見積りを出してもらったディーラーに行き、オプションを確認、ナビと(今回購入した車はワゴンタイプなので、バック時に後方確認が難しいことを考え、ナビで後方が確認できるよう)専用のバックカメラをつけることにしました。その上で、最終的な価格の詰めを行い、オプションを含め、なんとか当初の見込み通りの見積りとして貰いました。その後、長女は現在、高2なので来年、免許を取得し、運転することも考えられるため、ディーラーまで呼び、車の確認と色を決定(色は黒と赤で迷ってしまい、家内はその場では決められず、家に持ち帰り、最終的には夜になってやっと、前のSAABと同じ赤に決まりました)、なんとか買い替え手続きを終えることができました。

golfvariant_ftrs_trendline.jpg
features_trendline_01.jpg
写真は今回購入したGolf Variant Trendline Premium Edition。納車は9月末位になりそうです。どちらにしても、今でも厳しい家計に加え、これから月々の車のローンの支払が新たに発生しますので、もっと家計を切り詰める必要があります。お金ではいつも苦労のしどうしです。

共通テーマ:日記・雑感

とうとう、車が壊れてしまいました [車に乗っている]

私のこれまでの車歴は、1988、89年頃、社会人になって三年目か四年目に、会社の知り合いを通じて、トヨタのディーラーから下取りの中古のいすゞのアスカを、車両価格5万円プラス諸費用5万円、計10万円で購入し、乗り始めたのが始まりで、その後、1990年に結婚してからはVW Jetta、1991年にドイツに赴任してからはBMW 318i(中古)、Benz 190E(中古)、Audi A6 Avantと続きます。
ドイツ赴任時の最後に乗っていたAudi A6 Avantは1997年の帰国時に日本に持ち帰り、大切に乗っていたのですが、2000年に高速道路で自損事故をおこしてしまい廃車(トホホ…)、そこでSAAB 9-3SE(赤、内装は本革仕様)を購入し、今まで、もうかれこれ11年以上、この車に乗ってきました。
最初の車以外は欧州車ばかり乗ってきたのですが、明確な意志を持って欧州車に乗っていたというよりは、ドイツに赴任時にはドイツ車しか選択肢がなかったこと、また、たまたま好きな車が欧州車だったから…というのが実際のところです。それぞれ、これまで乗ってきた車には色々な思い出がありますが、何と言ってもこのSAABにはとても長い間乗っていたということもあり、愛着はひとしおでした。ドイツ車とは違う、スェーデン車らしい、なんとも、とっぽいところ(サスペンションは柔らかめで、車としての剛性感のようなものはありません)が逆に、飽きが来なくて、味があるというか、良い雰囲気を醸し出していたような気がします。ちょうど今年2月に車検を迎えたのですが、あと、なんとか、もう2年乗ろう(そして、その間にお金をなんとか貯めて、買い換えよう)と、タイヤを新品に交換(買ってから二回目)し、五回目の車検を通して、乗っていました。
そんな私のSAABだったのですが、先週、とうとう修理不能な程、壊れてしまいました。実はこれまでもドアの故障や、ハンドル部分の故障等、大きな故障(いずれも無償修理)はあったのですが、ここ何年かはABSユニットの故障に悩まされていました。これはSAABというか、欧州車にはよく発生するトラブルでして、SAABはBosch製のABSユニットを採用しているのですが、これにはヨーロッパの環境基準に基づき、無鉛ハンダが使われています。この無鉛ハンダが日本の気候と合わず、断線等のトラブルを招いてしまうのです。ABSユニット自体は非常に価格の高い部品ですので、簡単に交換という訳にもいかず、私は、一度はヤナセの担当者が探してくれた中古のABSユニットに取り替え、その後、同様の症状(ブレーキランプとサイドブレーキランプの同時点灯、スピードメータが0のまま動かない)で出た時は、ヤナセではなく、こうしたトラブル専用の業者に修理をお願いし、その後何度も無償で保証修理をやってもらいながら、だましだまし乗っていました。今年も7月に再度、ABSユニットの保証修理をしてもらったのですが、また直ぐに、ウォーニングランプが点灯した上、先週にはギアシフト部分がおかしくなり(パーキングスイッチの故障、及びシフトとギアの接点のズレが発生)、エンジンがかからなくなったり、うまくDやRにシフトするのも困難な状況になってしまいました。
さすがにギアやシフト部分の故障ですので、走りそのものに影響を与えることもあり、直ぐにヤナセに持ち込んだのですが、修理の正式な見積りを依頼する前に「もう、多分、この車は寿命ですよ。仮にここ(ギアボックス)を何十万も出して修理しても、またすぐ、多分別の場所が故障する可能性が高いです。どうしましょう?」との最終宣告を受けました。昨年家を新築したばかりで、まったく現金がないという最悪の状況の中、私は車の買い替えを検討せざるをえなくなりました。
(続く)

DSC00678.JPG
写真は私がこれまで乗っていたSAAB 9-3SE。結構、綺麗には乗っていたのですが、バンパーには傷があったり、ボンネットが少し凹んでいたりと、かなりくたびれていました。
DSC00666.JPG
写真は私の車のタコメーター。ABSユニット不調時は走行距離がカウントされませんでしたので、実際は92,000km近く走っているかもしれません。本当にお疲れ様でした。
DSC00669.JPG
私の車のエンブレム。少し塗装が剥げていますが、この車の生き様というか、プライドみたいなものが凝縮されているような気がします。

共通テーマ:日記・雑感

大学時代はオートバイに乗っていました [車に乗っている]

もう、乗らなくなってから20年以上経ってしまっていますが、大学一年の時から20代後半に家庭を持つまでの10年近くの間、私はオートバイに乗っていました。大学一年の夏、東京から当時、北九州市内にあった実家に帰省していたときに、中学時代の同級生の家族が経営しているオートバイ屋さんから(48回の分割払いで)初めて買ったオートバイは、CBX250RSというホンダの単気筒の250CCのオンロードバイクでした。このオートバイには大学卒業後、社会人一年目位まで乗り続けたのですが、とても乗り易くて、取り回しが楽な、良いオートバイでした。私はこのオートバイに乗って、大学時代、日本の各地をツーリングしたものです。ただ、北海道、四国四県、青森・秋田・沖縄県の道を走れなかったのが、今でも心残りです。
今でもよく思い出すのは、たしか大学三年の夏に、東京から飛騨高山を抜けて、富山県に入り、石川県から福井県、そこから日本海に沿って走り、京都府、それから内陸に入って、滋賀県琵琶湖へと向かうツーリングをしていたときのことです。快晴の空の下、日本海に突き出た小さな半島の先の無人の灯台の近くにオートバイを止め、私は一人ぼんやり海を眺めていました。ふと、横を見てみると、すぐ隣で、一匹のニホンザルが私と同じように座って、海を眺めていました。びっくりして、もう一度確認すると、そのサルと眼が合い、そのまま、にらめっこのようになってしまい、我慢できなくなって、私は一人で笑ってしまいました。あの時の海と一面の水平線、そして、その周りの景色は本当に美しく、全てが平和でした。
そして、社会人の一年目か二年目に、今度はヤマハのSR400という、これも単気筒の400CCのクラシカルなオンロードバイクに乗り換え、その後何年かして、今度はホンダのXR250Rという、レース用のエンデューロレーサーバイク(ショップで保安部品を付け、一部、パーツを入れ替えてナンバーを取得、キーもなく、燃料タンクはプラスチックタンクでした)に乗り換えました。ただ、この頃になると、仕事で忙しく、なかなかバイクに乗る機会も減ってしまっていたのが実情でした。こうして私のオートバイ人生は終わってしまうのですが、今でも時々、バイク(ヤマハのセローなんか、良さそうです)に乗って、またブラリとツーリングに行ってみたいなあ~と思うことがあります。何時まで経っても、私の気持ちのどこかは、オートバイに乗っていた、あの頃のままのようです。

CBX250RS.jpg
写真はホンダCBX250RS。結局、私は単気筒のオートバイばかり乗ってきました。単気筒のバイクはトコトコとしたエンジン音と吹き上がりに何とも味があり、中速域のトルクが太くて、乗りやすいものです。また、エンジンもスリムかつ軽量になるので取り回しも楽になり、一度乗ると癖になります。こうして書いていると、また、オートバイ乗って、一人ぶらりとツーリングしたいなあ~と本当に思いますね。

共通テーマ:日記・雑感
車に乗っている ブログトップ