So-net無料ブログ作成

神奈川県立近代美術館(葉山館)で開催された堀文子展に行ってきました [絵画を鑑賞している]

3ヶ月程前の話になってしまって恐縮ですが、2月18日の日曜日に家内と一緒に神奈川県立近代美術館(葉山館)で開催されていた堀文子展に行ってきました。

h1.jpg

家内は、以前、自宅に送られてきた銀座の画廊(ナカジマアート)からの葉書に印刷された堀文子さん(1918年~)の花の絵を観て以来の熱心なファンでして、これまで画集を購入して彼女の絵を楽しんでいました。今回、白寿記念の展覧会が開かれることを知り、葉山の神奈川県立近代美術館までドライブがてら訪れたという訳です。

edu_07.jpg
こちらが今回訪れた神奈川県立近代美術館 葉山館

この日はとても天気が良く、横浜から葉山までの快適なドライブの後、海沿いに面した白亜の素敵な建築デザインが印象的な神奈川県立近代美術館に着きました。展覧会では若い時から現在に至るまでの多くの作品が展示されており、堀文子さんの作品を知る上でとても参考になるものでした。先にも書きましたように彼女の作品というと何と言っても色とりどりの花の絵が有名ですが、童画から人物画、風景画まで、色々な作品の一つ一つがとても印象的でした。

私は彼女の絵に、いつも「いのち」を感じます。それは白寿を迎えられた最近の作品でも同様でして、ますます純化しているような印象を受けます。その美しさには思わず息を飲むほどで、私たちは熱心に彼女の作品を観続けました。

展覧会を観た後、私たちは美術館内のガラス張りの開放的なレストランでランチをし、庭園を散策しました。2月ながらさほど寒くなく、春とも言ってもよい天気の中、遠くに富士山を望んだ相模湾ののんびりとした景色が、堀文子さんの作品に接して高揚した気分を穏やかに和らげてくれます。

こうして、私たちは素敵な1日を過ごすことができました。

DSC_2069.JPG
神奈川県立近代美術館(葉山館)の散策路から相模湾、遠くに富士山を望む。富士山は残念ながら雲に隠れてしまっています。


共通テーマ:日記・雑感

ゴールデンウィークはのんびりと過ごしました [旅をしている]

前回の記事でゴールデンウィーク中に観た映画を紹介しましたが、今年のゴールデンウィークは、5月1日、2日も有給休暇を取得したので4月28日から5月6日までの9連休という、久々の長いお休みとなりました。とはいいながら、衣替え等の雑事や庭の手入れ等に追われたこともあって、結局、遠出はせず、5月2日、6日に関東近辺でワンデイトリップを楽しんだ程度という、どちらかと言えばのんびりとした休日を過ごしました。

5月2日は家内と二人で横須賀のうみかぜ公園まで車でドライブし、バーベキューをしました。平日という事もあってか、道路、公園共に混雑はなく、なんとものんびりとした一日を過ごすことができました。ここはバーベキュー用具のレンタルもあり(一部、事前予約が必要)、私たちはパラソルを借り、持参したアウトドア用の椅子に腰かけ、見事な天気のなか、東京湾や猿島の景色を楽しみました。

5月6日は家内と義父母の四人で箱根まで車でドライブしました。ゴールデンウィークの最終日で渋滞が予想されたのですが、横浜市港南台に住む義父母をピックアップした後、新湘南バイパス、西湘バイパスを使って行ったので、渋滞に巻き込まれることもまったくなく、極めてスムースに行くことができました(帰りも同様)。東名自動車道さえ乗らなければ快適に箱根。熱海方面には行くことができそうです。これは貴重な経験でした。

箱根では小田急山のホテルの庭園の見事なつつじをゆっくりと観たのち(ちょうど「つつじ・しゃくなげフェア」が開催されていまいた)、同ホテルのフランス料理レストラン、「ヴェル・ボア」のテラス席で(風が強くて、時々閉口したものの)のんびりとブランチを楽しみました。義父母にとっても久しぶりの外出だったようで、良い気分転換になったようです。

1_020180416172738_yaYfy.jpg
こちらは小田急山のホテルのHPで紹介されていた「つつじ・しゃくなげフェア」の紹介画像。

その後、大涌谷に行って「黒たまご」を購入したり(残念ながら火山活動の影響で大涌谷自然研究路及び大涌谷-湖尻自然探勝歩道は閉鎖されていました)、箱根周辺のドライブを楽しんで夕方には自宅に帰りました。

ちょうど私のスマホが紛失中で、素晴らしい天気と景色に恵まれながら写真を摂ることができず、ここに紹介出来ないのが残念です。

こうして、私は今年のゴールデンウィークをのんびりと過ごしました。


共通テーマ:日記・雑感

ゴールデンウィーク中に観た映画について [映画を観ている]

前回の記事でジャカルタ出張時に機内で観た映画を紹介いたしましたので、今度はゴールデンウィーク中に観た映画を紹介したいと思います。といっても映画館で観たわけではなく、自宅のリビングで以前録画していたものです。

それは「海街ダイアリー」(2015年/日)です。以前の記事で、吉田秋生の漫画「海街ダイアリー」を夢中になって読んだことを書きましたが(その時の記事はこちら→http://syoso-chunen.blog.so-net.ne.jp/2018-04-06、この映画はその実写版です。こういう漫画の実写版映画となると、如何に原作の雰囲気をうまく再現できるかがポイントとなるかと思うのですが、この映画に関しては、ストーリーは忠実(というかうまく纏められている)な上、漫画の持つ雰囲気までもが、うまく再現できているなあと感心しました。

監督・脚本は是枝裕和。物語の中心となる“四姉妹”を綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずが演じる。第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品[5]。キャッチフレーズは「家族を捨てた父が、のこしてくれた家族。」第39回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品。
(以上、Wikipedia「海街ダイアリー」解説文からの引用です)

この映画を一言で表現すれば「爽やかな佳作」という表現がぴったりかと思います。出来れば原作を読んでから観た方がもっと、感情移入できるかもしれません。

こちらも漫画と同様、家内からの勧めで観たのですが、とても良い気分を味わうことができました。それにしても浅野すず演じる広瀬すずの何とも(役にぴったりで)可愛いこと、また演技も良く、とても感心した次第です。

poster2.jpg
こちらは映画「海街ダイアリー」ポスター


共通テーマ:日記・雑感

ジャカルタ出張時に観た映画について [映画を観ている]

前回の記事で3月初旬にインドネシア、ジャカルタに出張したことを書きましたが、今回はその時に機内で観た映画について紹介したいと思います。

機内のビデオサービスで色々な番組を観たのですが、映画は「ブレードランナー2049」(原題:「Blade Runner 2049」 2017年/米)の一本のみを観ました。ご存知の通り、この映画は1982年制作の映画「ブレードランナー」の続編にあたります。前作の主演ハリソン・フォードが引き続きリック・デッカード役で出演したりと、ストーリー上もかなり密接に繋がっていて、前作を観ていないと一部、話が理解できないかと思われます。私は大学時代にフィリップ.K.ディック(Philip Kindred Dick, 1928~1982年)の原作(「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」)、そして映画に夢中になったくちですので。この映画の世界とストーリーはすんなりと理解できました。

ただ、さすがに前作で観られたフィリップ.K.ディックらしさは、話自体がディックの創作(原作)ではないこともあって、かなり薄まってしまっています。ここらへんが熱狂的な「ブレードランナー」好きにはどうしても許せないところかもしれませんね。ただ、前作の監督リドリー・スコットが本作では製作総指揮を務めたこともあって、映像的には「続編」として、前作の世界観、雰囲気をそれなりに引き継いでいるなあとは感じました。

ストーリーは分かりにくいものではありませんが、それなりに凝ってます。酷評されている方も多いようですが、私はそこまでとは思いませんでした。私としては、こういうSF映画は機内の小さなモニターで観るよりか、映画館の大きなスクリーンで観た方が良かったと少し後悔した次第です。

良い、悪いは別にして前作に夢中になった方なら、一度は観ておいた方が良いかと思います。以上、ジャカルタ出張時に私が観た映画についてでした。

blade-runner2049.jpg
写真は映画「ブレードランナー2049」のUS版ポスター


共通テーマ:日記・雑感

一週間ほどジャカルタに出張しました [旅をしている]

少し前の話になってしまい恐縮ですが、3月初旬に一週間ほどインドネシア、ジャカルタの方に出張しました。私にとってジャカルタは初めてです。どんなところだろうと少しワクワクしながら、飛行機に乗り込みました。

海外出張時にはなるべく日本の航空会社を使うようにしていまして、今回はJALでのフライトでした。機内販売のカタログを眺めていると、なんと入手困難で知られる芋焼酎「森伊蔵」(四合瓶)が載っています。私はこれまでビジネスクラス以上の北米便とヨーロッパ便のみの販売と思いこんでいました。ジャカルタ便(こちらもビジネスクラス以上)でも購入できることを知り、慌てて手に入れた次第です。同行者にそのことを話すと、ホノルル便でもビジネスクラス以上であれば購入できるとのことでした。(彼はこの目的のためにホノルルに行く時は必ずJAL便を利用するそうです)

出張中、日中は業務に追われて観光もできず、結局、夜の食事が唯一の楽しみとなってしまったのは少し残念でした。イスラム圏ということもあり、殆どのローカルのレストランではビールぐらいしかお酒が置いてなかったりします。ここらへんは同じイスラム圏のマレーシアよりも、アルコール事情はもっと厳しいようです。同行者(女性2名含む)をはじめ、皆が大の酒飲みということもあり、お酒(ワイン)が飲めるお店を探す日々でした(汗)。

ジャカルタ滞在の最終日には、出張業務終了の打ち上げも兼ねて、一軒家のインドネシア料理レストラン(プラタナン・ダルマワンサ「Plataran Dharmawangsa」)で食事を楽しみました。ここは日本人旅行者、在住者にも有名なところらしく、ビール、ワイン、カクテルとアルコールもそろっています。とてもおしゃれなレストランで、出てくるインドネシア料理もとても美味しく、私たちはやっとのんびりと落ち着いた雰囲気の中、異国情緒を味わうことができました。

行きの機内で購入した「森伊蔵」ですが、ジャカルタ滞在中にホテルの部屋で同行者たちと一緒に飲み切ってしまい、帰りの機内でも一本を購入、なんとか家に持ち帰った次第です。以上、簡単なジャカルタ出張記でした。

original-9c7df5a975cf90ce19ec145657c1280e670ad96b.jpg
こちらがジャカルタ滞在最終日に訪れたインドネシア料理レストラン(プラタナン・ダルマワンサ「Plataran Dharmawangsa」)


共通テーマ:日記・雑感

携帯電話を失くしてしまいました [購入しました]

恥ずかしい話で恐縮ですが、ゴールデンウィーク前の4月26日に、会社からの帰りの電車内で私用の携帯電話(Docomoスマートフォン Xperia SO-02K)を失くしてしまいました。慌ててドコモに連絡して、「ケータイお探しサービス」で探して貰ったものの見つからず、とりあえず電話の使用を止めました。そして各路線の遺失物取扱所に問い合わせ、警察(警視庁と神奈川県警)にも遺失届を出し、いずれ出てくるのではと期待していたものの、結局、ゴールデンウィークが明けても出てきませんでした(泣)。

家内とも相談、もうこれ以上、待っていても出てこないのではと判断し、加入していたドコモの「ケータイ補償サービス」を利用することにしました。SIMカードの再発行代と併せると一万円近い出費となりますが、背に腹は代えられません。泣く泣く申し込むと、その翌日には交換電話機が自宅に届きました。ここらへんの対応の速さはさすがですね。既に電話帳などのデータは復元されており、開通作業を行うと、ドコモのクラウドサーバーと同期がとられ、メールデータも復元されました。そして、同様にグーグルと同期してアプリの同期をとると、以前使っていたアプリもインストールされて、ほぼ以前の状態に戻すことができました。その後、LINEを初めとする個別のアプリの設定を一時間程度で行うと、もう終了です。本当に便利な時代になったものです。こんなにスムースに前の状況を復元できるとは思っていませんでした。

しかし「ケータイ補償サービス」のお陰で、金額は押さえられたものの、日頃切り詰めた生活を送っている者としては、痛い出費になりました。本当に反省しきりです。とほほ…

000.png

【2018年5月16日追記】
その後、私の紛失したスマートフォンが横浜市戸部警察署に届けられているとの連絡がNTTドコモから封書で自宅に届きました。封書が届いたのが、ちょうど「ケータイ補償サービス」で交換電話機が届いて使い始めた翌日でしたので、もうキャンセルはできません(交換電話機の包装パッケージを開封していなければキャンセルにも応じてくれるようです)。泣く泣く昨日警察署まで取りに行き、回収後、スマートフォンに入っていたマイクロSDカードを新しく届いたスマートフォンに差し、前のものは初期化したうえでNTTドコモに返送しました。もう一日待っていれば、(「ケータイ補償サービス」利用に伴う)余計な出費も無かったと思うと、悔しくて堪らないのですが、これも全て私の不徳の致すところと思い、なんとか納得した次第です。しかし、日本では携帯電話を失くしても、こうして、どなたかがきちんと警察に届けてくださるのですね。本当にありがとうございました。警察の方にどこで取得されたのですかと聞いてみると、東急東横線の元住吉駅とのこと。何度も東急東横線には落し物の問い合わせをしていたのですが、どうもタイミングが良くなかったようです。
以上、私の携帯電話紛失の顛末記でした。(トホホ…)


共通テーマ:日記・雑感

職場が赤坂から豊洲に変わりました [考えている]

普段の怠け癖が再発し、ブログの更新が一ヶ月近く滞ってしまいました。言い訳になってしまいますが、4月は年度初めの月ということもあり、仕事や宴席に追われてバタバタとした毎日を過ごしてしまいました。5月に入り、ゴールデンウィークもあけ、やっと普段の日常に戻りつつあります。そんな中、今週から私の職場が東京の赤坂から豊洲に変わりました。

といっても、会社や所属部門が変わったということではありません。私の自宅は横浜にありますので、通勤時間が少々(というか、かなり)長くなった程度で、さほど大きな変化はありません。これまでは高層ビルの21階でしたが、今度は9階建のビルの最上階、ちょうど角部屋となります。私の部屋からは、近くを流れる運河を望むことができます。問題は近くに美味しいお店が見当たらないことですが、私の場合はなるべく弁当を持参するようにしているので、なんとか大丈夫かと思われます。

家族や職場のみんなからは「都落ち」などと同情されるのですが、私は逆に、心機一転頑張るぞー、なんて前向きに受け止めています。気分転換になって、ちょっと新鮮な気持ちになっているところです。

12.NBFE8B18AE6B4B2E382ACE383BCE38387E383B3E38395E383ADE383B3E38388.jpg
こちらが新しい職場。これまでと違い、駅から少し歩かなければならず、雨の日等は閉口します。


共通テーマ:日記・雑感

横浜ロイヤルパークホテル最上階のレストランで、義父母、そして義弟家族と一緒に姪の誕生日のパーティーをしました [遊んでいる]

前の記事で2月第二週の前半に広島・福岡に出張したことを書きましたが、その週の週末に横浜ロイヤルパークホテル最上階のレストランで、義父母、そして義弟家族と久しぶりに会い、一緒に姪の誕生日のパーティーを行いました。

義弟夫婦の一人娘はまだ小学校の低学年ですので、食事の好き嫌いもあるかもしれません。そこで、家内と相談して、横浜ロイヤルパークホテル最上階のレストラン「シリウス」だったら、お昼にビュッフェ形式で色々な料理を楽しめるコースがあるので、幼い姪でも楽しめるのではということで、席を予約してささやかな誕生会を開いたという訳です。

姪は、私の娘たちに会えたのが嬉しかったようで、優しい(?)お姉さんたちに両脇に囲まれてご満悦な様子でした。

このレストランを利用するのは私は初めてです。料理はまあ普通といった感じでしたが、何と言っても高層階から眺められる見事な景色には驚かされました。ちょうどお天気も良く、私は夢中になって写真を撮りました。

DSC_2066.JPG

DSC_2067.JPG

DSC_2064.JPG
これらは当日、横浜ロイヤルパークホテル最上階のレストラン「シリウス」からとった横浜の遠景。写真を左クリックして頂ければ拡大して観ることができます。

その後、横浜の私の自宅に移動、リビングで誕生日のケーキをみんなで食べたりしながら、楽しいひと時を過ごしました。


共通テーマ:日記・雑感

広島と福岡に出張しました [旅をしている]

少し、古い話題で恐縮ですが、今年2月の第二週に広島と福岡(夫々一泊づつ)に出張しました。業務自体はさほど大変なものではなかったものの、二泊三日の中日に広島から福岡まで新幹線で移動したりと、かなりバタバタしたものとなりました。

いつも書いていますが、出張の楽しみといえば、何と言っても食事です。広島ではカキ料理やお好み焼き、そして福岡(博多)では水炊きや博多うどん等を美味しく頂きました。また、お酒も広島では三大酒処である西条の日本酒、そして福岡(博多)では老舗のバーで美味しいシングルモルトウィスキーを楽しみました。

出張の最終日、福岡空港に向かうべく、天神の地下街を歩いていると一軒、カバン屋(「大隈カバン店」を見つけました。私は50年ほど前、父の勤務先の関係で幼稚園から小学校低学年まで福岡市に住んでいました。そして私が小学校に入学するにあたって、両親が私に買ってくれたのがこの大隈カバン店のランドセルだったのです。今回観たお店とは場所が違っていたような気がしますが、両親と一緒にお店に行ったときのことが、つい先日のことのように思い出されます。なんとも懐かしくて、つい立ち止まって感慨に耽ってしまいました。お店の中で両親がニコニコしながら、まだ小さな私の肩にランドセルを試しかけしてくれた時のわくわくした想い、そして選んだランドセルを買ってもらった時の嬉しさ、そうした記憶を私は一生忘れることがないでしょう。そんな父も七年前に他界しましたが、父に会って、思い出話をしたいと痛切に思いました。

昔、福岡に住んだことのある方なら、大隈カバン店の「うさぎのマークのランドセル」のテレビCMを懐かしく思う方も多いのではと思います。さっそくYoutubeで探してみるとありました。


こちらがYoutubeにアップされていた大隈カバン店のTVCM

果たして、幼い頃の私が観ていたCMが、このCMだったのかは今一つ自信はありませんし(私は小学校四年生から大学入学まで、今度は福岡県北九州市に住んでいましたので、その時に観たCMかもしれません)、たしか私のランドセルにはうさぎのマークはついていなかったと思いますが、まちがいなく大隈カバン店で買って貰ったものでした。

そして実は、この日の前日の6日は私の56歳の誕生日でした。もうこれ以上、歳はとりたくはありませんが(苦笑)、今回は忘れることのできない出張となりました。

DSC_2052.JPG
出張初日、羽田空港から写した、私の乗った広島行きの飛行機。夕焼けの中、遠くに富士山を望んでいます(写真を左クリックして頂ければ拡大して観ることができます)。空港内から撮影したので、照明が映り込んでいます。UFOではありませんので念のため(笑)。


共通テーマ:日記・雑感

今年に入ってから漫画ばかり読んでいます [漫画を読んでいる]

以前の記事で、昨年12月に原 泰久の「キングダム」を夢中になって読んだ事を書きましたが(その時の記事はこちら→http://syoso-chunen.blog.so-net.ne.jp/2017-12-13、それ以来、今年になってから、私は漫画ばかり読んでいます(汗)。

まず、読んだのは吉田秋生の「海街ダイアリー」です。この漫画は、以前から妻から強く勧められていたのですが、今回、やっと重い腰を上げて読んでみました。神奈川県鎌倉市で暮らす四姉妹(四女は異母妹)の話ですが、読み始めるやいなや、すっかり夢中になってしまいました。吉田秋生の作品は昔、「カリフォルニア物語」「BANANA FISH」等を読んだ記憶はあったのですが、なにせ30年近く前ですので、本当に久しぶりに彼女の漫画を読んだことになります。登場人物は全て魅力的で、彼女等が色々な形で絡み合う魅力的なストーリーは、場所が鎌倉ならではのもので、本当に素晴らしいものです。読んでいて、常に海の香りを感じることができます。これまで私が読んだ漫画の中でも一二を争う傑作だと思います。早く続きが読みたいです。

61n8pbirZiL._SX356_BO1,204,203,200_.jpg
こちらが最新刊の「海街diary 8 恋と巡礼」 (フラワーコミックス)

こうして漫画に夢中になった私が次に読んだのは、今度は次女から強く読むことを薦められていた小山宙哉の「宇宙兄弟」です。こちらは宇宙を目指す兄弟とその仲間たちの物語なのですが、「面白い」という言葉がぴったりな漫画です。読んでいると勇気が湧いてきて、人生に前向きな気持ちになることができます。気持ちの良い作品だと深く感じ入った次第です。こちらも続きが本当に楽しみです。

51WdKaTtztL.jpg
「宇宙兄弟(32)」 (モーニングコミックス) 今月下旬に33巻が出るようです。

調子に乗った私が、次に読んだ漫画は安倍夜郎の人気漫画「深夜食堂」です。こちらは2年ほど前に、これも妻の勧めでLINEの無料漫画で四巻まで読み、その後、テレビドラマ「深夜食堂 第二部」の最終話や映画「続・深夜食堂」を海外出張時の機内のビデオサービスで観ていたり(テレビドラマ「深夜食堂 第二部」の最終話を観た時の記事はこちら→http://syoso-chunen.blog.so-net.ne.jp/2016-12-06、そして映画「続・深夜食堂」を観た時の記事はこちらです→http://syoso-chunen.blog.so-net.ne.jp/2017-04-05、、神奈川テレビ(TVK)で放映されたTVドラマ版(「深夜食堂 第一部」)も録画して観ていたので、安心してこの、路地裏にたたずむ深夜営業の小さな食堂「めしや」の人情話を楽しむことができました。この漫画は料理漫画でもあります。出てくる料理はそんなに凝ったものではなく、どちらかと言えばB級といっても良いものですが、なんて美味しそうなのでしょう。読んでいると、いつの間には口の中が涎で一杯になってしまいます。とても楽しく、時にはホロリとしながら読みました。こちらも続編が楽しみですし、小林薫主演のテレビドラマや映画も楽しんでみたいと思います。

41zNYJXCeaL._SX354_BO1,204,203,200_.jpg
こちらが「深夜食堂 19」 (ビッグコミックススペシャル)

そして直近に読んだ漫画が古舘春一の「ハイキュー!!」です。こちらは長女から強く薦められていた漫画でして、スポコンだよなと躊躇しつつも、思い切って読んでみました。これはまさしく青春少年漫画ですね。久しぶりにこのような、まっすぐな漫画を読んで、新鮮な気持ちになりました。絵がちょっと今風な感じもしますが、内容はなかなか面白かったです。長女はこの漫画のかなりのファンのようですので、これからも常に最新刊を読むことが出来そうです。

51DR31Z+y7L._SX313_BO1,204,203,200_.jpg
こちらは「ハイキュー!! 30」 (ジャンプコミックス) つい二日前に31巻もでたようです。長女にしらせなきゃ(苦笑)。

こんな感じで、今年に入ってから、私は漫画ばかり読んでいます。実は小説も読もうと図書館から何回か本も借りてみたのですが、結局、読了することなく返却してしまいました。私の場合、一度頭が漫画脳になってしまうと、なかなか読書脳に戻れないようです(苦笑)。とはいえ、これからは小説も読まなきゃ、と少し焦っているのが正直なところです。


共通テーマ:日記・雑感